ケンネルコフの潜伏期間は?

ケンネルコフ 潜伏期間

この記事ではケンネルコフにかかった場合の潜伏期間はどれくらいか
について解説します。

とその前にそもそも潜伏期間とはどういう期間かご存知ですか?
潜伏期間とはばい菌やウイルスに感染してから発症するまでの期間のことです。

もう少し簡単に潜伏期間について説明しますね。

潜伏期間は感染してから発症するまでの期間といいましたが
感染と発症はまったく意味が違うんです。

感染とはウイルスやばい菌が猫ちゃんの体に入って
どんどん増えている状態のことです。
まだくしゃみや鼻水などの症状はありません。

感染の次に発症の状態になりますが
発症とは、症状がでることをいいます。

ケンネルコフ

つまりケンネルコフの潜伏期間というと
ケンネルコフの原因に感染してから症状が咳などの症状がでるまでの期間のこと
をいいます。

ちなみにケンネルコフとはワンちゃんのインフルエンザのことです。
主な症状は「ゴホンゴホン」と出る咳です。

つまり犬の風邪のことをケンネルコフといいます。

犬に咳が出る原因はいろいろあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
犬がカッという咳をする原因は?

ではここからが本題です。
犬のケンネルコフに感染した場合、潜伏期間はどれくらいなのでしょう?

犬のケンネルコフの潜伏期間はどれくらい?

ケンネルコフの潜伏期間

結論としては犬のケンネルコフの潜伏期間は3~10日くらいです。

ちなみにケンネルコフは犬の風邪の総称です。

ワンちゃんがケンネルコフを起こす原因としては

・気管支敗血症菌
・犬パラインフルエンザウイルス
・イヌアデノウイルス2型

などです。

犬のケンネルコフの原因菌や原因ウイルスのほとんどに対して
ワクチンがあります。

ケンネルコフを予防するためにも
必ず動物病院で愛犬にワクチン接種を受けさせるようにしましょう。

ケンネルコフの予防なら6種ワクチンがおすすめです。
犬6種ワクチンの料金の相場はいくら?

こちらも参考に!⇒犬にワクチンを打つ必要性はあるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 3月 10日
  2. 2017年 3月 10日
  3. 2017年 3月 11日
  4. 2018年 1月 30日
  5. 2018年 5月 06日
  6. 2018年 5月 09日
    トラックバック:犬はエビを食べれるの?

ページ上部へ戻る