犬骨肉腫の転移について獣医師が解説

BCS

犬にも骨肉腫という病気があります。
人間の骨肉腫と同じように転移します。

私は獣医師として骨肉腫の症例を
たくさん診てきました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

で、愛犬が骨肉腫だと診断され
その後、亡くなった後
飼い主さんからこんな相談を
受けることがあります。

飼い主さんからの相談ここから

犬 骨肉腫 転移

12歳のミックス犬が骨肉腫になり、
先月、虹の橋を渡りました。

ほんの5分ほどトイレに行っている間に
静かに亡くなったようです。

同じ家にいたのに
最後を看取ってあげられなかったことが
残念でなりません。

亡くなる1ヶ月くらい前から
寝たきり状態でした。

亡くなる1週間くらい前から
水をスポイトからしか飲めない状態でした。

最後は失明し
声も出ない状態だったのですが
亡くなった時に
たくさんの尿と血混じりの
下痢便をしていました。

ここで気になることがあります。
肺転移していたのか
どうかということです。

亡くなる3ヶ月前のレントゲン検査では
転移はないとの事でした。

ですが亡くなるころには
転移していたのではないでしょうか?

飼い主さんからの相談内容ここまで。
以下犬骨肉腫の転移について解説します。

犬骨肉腫の転移について

犬 骨肉腫 転移

骨肉腫という病気は骨のガンの一種です。
特に問題になるのは、
骨肉腫からくる激痛と、
肺への転移による呼吸困難の緩和です。

骨肉腫による肺への転移は
高確率で発生します。

ですが最初に骨肉腫と
診断された犬の肺ののレントゲンで
転移を確認できるのは10%くらい
とする文献があります。

ただ、実際はもっと転移している確率は
高いでしょう。

なぜなら肺に転移した腫瘍が
1cm弱くらいの大きさにならないと
レントゲンフィルム上で
確認ができないからです。

つまり、骨肉腫は
非常に肺に転移しやすい腫瘍ということです。

レントゲンで確認できないから
絶対に肺に転移はしていない
とは言えません。

最初にできた骨肉腫を手術で除去した
のにもかかわらず、
しばらくして胸のレントゲンに
以前確認できなかった
肺腫瘍の影が見える、
ということは十分にあり得るのです。

もし亡くなる前、
痛みから飼い主さんに噛みついたり
「クンクン」泣き叫んだり、
あるいは苦しそうな症状が
ほとんどなかったのであれば
週末の苦しみをとる
治療はできていたと感じます。

以上で解説を 終わります。

関連記事

ページ上部へ戻る