猫がスプレー行為する3つの原因を獣医師が解説

猫伝染性腹膜炎 治療法

猫のスプレー行為がひどくて
困っている飼い主さんの相談を受けました。

私は獣医師なのですが
猫ちゃんの相談で多いのがスプレー行為ですね。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

この記事では猫がスプレー行為する3つの原因について
解説していきたいと思います。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

猫のスプレー行為とは?

猫 スプレー 原因

猫のスプレー行為とは
家具家の柱や家具といった
まっすぐ立っているものに
オシッコをかける行為のことです。

ただスプレー行為をしているときの
オシッコというのは
通常のオシッコよりも臭いが強烈です。

なので、スプレー行為の被害を受けた壁は
めちゃくちゃ臭くなります。

しかもそう簡単に臭いがとれません。

もしスプレー行為をされた場合には、

中性洗剤を使ってふき取り
そのあと、消臭剤を吹きかけて
臭いを消すようにしましょう。

ストロングホールドプラスならノミ・ミミヒゼンダニ・フィラリア予防が可能

ストロングホールドプラスは通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ストロングホールドプラス(子猫用/2.5kg以下)
ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)
ストロングホールドプラス(猫用/5-10kg)

猫がスプレー行為する3つの原因

猫 スプレー 原因

猫ちゃんがスプレー行為をするといっても
いろんな原因があります。

ここでは原因を3つご紹介したいと思います。

猫がスプレー行為をする3つの原因は

原因1.ストレス解消(飼い主さんに怒られた腹いせとか)
原因2.性行動として
原因3.縄張り意識

です。

上記3つの原因の中でも2番の性行動による
スプレー行動がもっとも多くみられます。

もし性行動が原因であるなら、
去勢手術をすることで
あなたの猫ちゃんのスプレー行動は
消える可能性が高い
です。

なぜなら去勢手術を受ければ性行動が
できなくなりますし意欲がなくなるからです。

実際、避妊去勢手術を受けることで
9割のスプレー行動は消えたというデータ
があります。

ただ、残り1割は避妊去勢手術を受けても
スプレー行動は改善しません。

また仮に避妊去勢手術の効果があったとしても
スプレー行動の頻度が減るだけという場合もあります。

それ以外のスプレー行動の原因、
たとえば縄張り意識であるとか、ストレス解消ですが。

猫ちゃんは我が強い子が多い印象があります。
飼い主さんに怒られると
排尿する(スプレー行為をする)ことで
抗議行動をすることがあるんですね。

このパターンでスプレー行動をしている場合
いくら避妊去勢手術をしても
改善することはないでしょう。

この場合、避妊去勢手術よりも
なるべく叱らないように飼い主さんが意識することで
長い目で見ればスプレー行動が減る可能性があります。

ちなみに去勢手術をする前はスプレー行動を
していなかったのに、
去勢手術後から突然、
スプレー行動をし始めるケースを見たことがあります。

「じゃ、避妊去勢手術をしないほうがいいんじゃないの?」
と思った方もいるかもしれません。

ですが、
避妊去勢手術をすると性格も穏やかになる傾向が
あるのは間違いありません。

ストレスげ減って性格が丸くなる可能性は
十分にあります。

先ほども申しましたが抗議の意味での
スプレー行動をする可能性も
避妊去勢後の方が性格が穏やかになる分だけ
減る可能性があるでしょう。

そういった意味では
やはり避妊去勢手術を実施したほうが
スプレー行動の抑制に役立つだろうと
個人的には思っています。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

関連記事

ページ上部へ戻る