子猫にくしゃみと鼻血がでた!チェックポイントと対処法

子猫 くしゃみ 鼻血

子猫の鼻から血が出ているようなら
かなり心配です。

私は普段、子猫ちゃんの診療をしている獣医師です。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

子猫から鼻血が出ているなら
なんらかの病気が考えられます。

ただ子猫が鼻血を出す病気には
たくさんあります。

なので、この記事では子猫がくしゃみと鼻血を出す場合に
限定して解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




子猫がくしゃみをした後鼻血がでた場合のチェックポイント

子猫 くしゃみ 鼻血

まず子猫ちゃんがくしゃみをした後、
鼻血が出ているようなら

・出血している場所は鼻の奥か手前か
・どれくらいの時間、鼻血が続いているのか
・最近、どれくらいの頻度で鼻血が出ているのか
・1回の鼻血でどれくらいの量の出血があるのか

をチェックしてください。

1.鼻血がでている場所

たとえば鼻の奥から出血している。
しかも両穴からではなくて片側だけから鼻血が出ているなら
鼻腔内腫瘍の可能性があります。

鼻腔内腫瘍には全身に転移するガンの可能性があります。
もしガンが原因で鼻血が出ているようなら
頻繁に鼻血が出ることでしょう。

ただ、子猫にガンができる可能性は低いです。
もしガンがご心配なら
MRIやCT検査で診断できますので
こういった高度医療機器を備えている動物病院を
受診することをおすすめします。

たまにMRIやCTもないのに
レントゲンだけで自信満々に診断する獣医さんがいますが
そういうのには気をつけてください。

先日も、当院をかかりつけにしている飼い主さんの子猫が
一度吐いたけど、当院が休診日だったので
他院を受診しました。

すると血液検査だけで「てんかんですね。余命1週間」
と診断され、大量に薬も処方され
相当びびって当院に戻ってきたというケースがあります。

最近、動物病院がたくさんできているので
どうにか不治の病にしたがるところが増えてきている印象です。

てんかんは月に数回以上起こらないと
そもそも治療の対象にはなりませんし
診断はMRIなどで脳の状態を見ないと確定診断できません。

少なくとも血液検査だけで
てんかんなんて診断できません。

また、1度のてんかんで余命がどれくらいかなんて
わかるのは神様しかいないでしょう。

ちょっと話が脱線してしまいましたね。

まぁとにかく鼻血がどこから出ているのか?
必ず確認してください。

鼻の手前でただの切り傷だったら
傷が癒えれば治るでしょう。

でもどう考えても鼻の手前に傷がないようなら
心配です。

動物病院を受信するようにお願いします。

2.鼻血がでている時間

次に鼻血が出てもすぐに止まるのか
それとも持続的にでつづけているのか、
確認してください。

鼻血が出てもすぐに止まるなら
くしゃみをしたときに、鼻に傷ができた可能性が高いです。

この場合、くしゃみをする原因がなくなれば
鼻血が出ることもなくなるでしょう。

でもそうではなくてジワリジワリとくしゃみや鼻血が出続けるなら
ガンができている可能性もあります。

繰り返しになりますが
子猫でガンができる可能性は低いです。

でも0ではありません。
なのでご心配なら必ず動物病院を受診してください。

3.鼻血の量

特に鼻血が少量でじわじわ出続けるなら
ガンなどの病気の可能性が高いです。

逆に大量だけどすぐに止まるならくしゃみが原因で
鼻血が出た可能性が高いですね。

スポンサードリンク




子猫がくしゃみをした後鼻血がでた場合の対処法

子猫 くしゃみ 鼻血

子猫がくしゃみをした後に
鼻血が出るようなら、どのような対処をしてあげるのが
適切なのでしょうか?

1.多頭飼いの飼い主様

まず猫ちゃんを2匹以上飼っている飼い主さんの場合から。

もし猫風邪によるくしゃみや鼻血なら
ほかの猫ちゃんにうつってしまう危険性があります。

なので、できることなら
くしゃみや鼻血が出ている子猫ちゃんだけ
別の部屋に連れて行ってあげた方がよいでしょう。

2.落ち着いて子猫を抱っこする

次に子猫ちゃんが鼻血を出したら
飼い主さんとしては心配でしょう。

パニックになってしまうかもしれません。

でも慌てないでください。
飼い主さんの心理状態って猫ちゃんも察します。

猫ちゃんも不安になってしまい
悪循環です。

子猫ちゃんが鼻血を出したらまず抱っこしてあげてください。
そして飼い主さんも落ち着きましょう。

しばらくしても鼻血が止まらないなら
動物病院に連れて行ってあげてください。

3.鼻血を止める

あと子猫ちゃんが出した鼻血は
ティッシュやタオルで拭き取るようにしましょう。

あと、保冷剤をタオルに巻いて
鼻の頭に当ててあげるのもよいでしょう。
鼻を冷やすと血管がギュッと収縮して
出血が止まりやすくなります。

ただ、猫ちゃんの鼻の穴にティッシュを詰めないでください。
猫ちゃんは鼻呼吸をしているので
息がくるしくなったり、むずがゆくなったりして」
かえってくしゃみがひどくなる可能性がありますから。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る