犬が過呼吸みたいな呼吸をする5つの原因

高齢犬

愛犬が過呼吸みたいな呼吸をしているなら
かなり危険な状態だと思ってください。

この記事では愛犬が過呼吸みたいな呼吸をする5つの原因について
解説していきます。

と、その前にまずは犬の過呼吸とは
どういう状態なのか、解説します。

スポンサードリンク




犬の過呼吸とはどんな症状?

愛犬が「ハーハーハーハー」と短時間に
普段よりも異常に多い回数の呼吸を繰り返してします症状を
過呼吸といいます。

過呼吸みたいな呼吸とあなたが感じるなら
それは立派な過呼吸
です。

呼吸の回数が異常に多い状態が過呼吸ですから
見た目でわかりますので。

なので以下、過呼吸みたいな呼吸を過呼吸として
解説していきます。

ではどういうときに過呼吸をすることがあるのでしょうか?

スポンサードリンク




犬が過呼吸みたいな呼吸をする原因1.気管虚脱

犬 過呼吸みたいな呼吸

高齢の小型犬に多い病気に気管虚脱があります。
たとえば、私が診た中ではヨーキーが多い印象です。

ところで「ガーガー」とアヒルの鳴き声のような呼吸をするのが
気管虚脱の特徴
です。

気管虚脱は空気の通り道である気管が狭くなってしまう病気です。
愛犬が興奮して息が荒くなっても
気管が狭いので、うまく空気が肺に入っていきません。

でも必死で呼吸するので過呼吸になってしまうんです。

気管虚脱は軽いものならネオフィリンなどの飲み薬で
コントロールできます。

でも、症状が重くなってくると
呼吸困難でチアノーゼを起こしたり
ひどいと死んでしまうこともあります。

なので重い症状だと獣医さんが判断した場合には
気管を拡げる手術を行うこともあります。

あと、気管虚脱の症状と似た症状に逆くしゃみがあります。
詳しくはこちらをご覧ください。
逆くしゃみと気管虚脱の3つの違いとは?



犬が過呼吸みたいな呼吸をする原因2.短頭種

犬 過呼吸みたいな呼吸

短頭種とは鼻が短い犬種のことです。
パグとかシーズーとかフレンチブルドッグなんかが
短頭種に該当します。

短頭種は鼻が短いだけでなく、鼻の中が狭くなることもあります。
そして喉奥にあるヒダヒダが伸びてしまい、
軟口蓋伸長症という病気になることがあります。

すると呼吸しにくくなるため
必死で呼吸しようとして過呼吸になることがあるんです。

軟口蓋伸長症も場合によっては手術が必要になることがあります。

犬が過呼吸みたいな呼吸をする原因3.気管支炎

犬 過呼吸みたいな呼吸

気管支に異物が入ったりすることで気管支炎を起こし
苦しくて過呼吸になることがあります。

犬の気管支炎の症状として

・痰がからんだような咳
・鼻水
・過呼吸
・熱が出る
・食欲が落ちる
・呼吸困難で舌が青くなる

などがあります。

スポンサードリンク




犬が過呼吸みたいな呼吸をする原因4.肺炎

犬 過呼吸みたいな呼吸

気管支炎だけでなく肺炎を起こしても呼吸困難になり
過呼吸を起こすことがあります。

肺炎の症状として

・咳
・熱が出る
・過呼吸
・ぐったりする
・食欲が落ちる

などがあります。

スポンサードリンク




犬が過呼吸みたいな呼吸をする原因5.僧房弁閉鎖不全

犬 過呼吸みたいな呼吸

犬の心臓病でよくあるのが僧帽弁閉鎖不全症です。
小型犬に多いです。

僧帽弁閉鎖不全を起こしても
呼吸困難になり過呼吸を起こしやすいです。

以上で犬が過呼吸を起こす原因についての解説を終わります。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る