猫のトキソプラズマ感染率を獣医師が解説

猫 トキソプラズマ 感染率

猫のトキソプラズマの感染率について知りたい
という方に向けて記事を書きます。

ストロングホールドプラスならノミ・ミミヒゼンダニ・フィラリア予防が可能

ストロングホールドプラスは通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ストロングホールドプラス(子猫用/2.5kg以下)
ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)
ストロングホールドプラス(猫用/5-10kg)

ちょうど私のもとにある飼い主さんから
トキソプラズマについてのメール相談が届いたので
ここでシェアしたいと思います。

もちろん私は獣医師です。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

飼い主さんからの相談ここから

私は4才メス、長毛種のミックス猫を
完全室内飼いしています。

生後9週のときに保護猫として自宅にやってきました。
避妊手術はすんでいます。

毎年1回、猫ドック(健康診断)と
3種のワクチン接種をかかりつけの
動物病院で受けています。

体重は3.4kgです。

長毛種ですが、よく毛繕いをするからか
毛玉を吐くことが多いのですが、
最近になり、胃液を1日5回くらい吐くようになりました。

そこで動物病院の診察を受けたのですが、
「ふだんやってない血液検査をしてみましょう」
とのことで、トキソプラズマの抗体検査を受けました。

すると、トキソプラズマの抗体価が
正常な範囲より3倍も高かったのです。

そこで「3週間後に再検査をしましょう」
と担当獣医師から言われました。

そこで質問があります

1.猫におけるトキソプラズマの感染率ってどれくらいなのですか?
2.トキソプラズマ陽性だと猫にどういう症状が出ますか?

飼い主さんからのメールここまで

ここから獣医師である私からの回答を掲載します。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

猫トキソプラズマの感染率はどれくらいか?

猫 トキソプラズマ 感染率

ここから獣医師である私の回答

まず、猫のトキソプラズマ感染率ですが
20%から50%
だと言われています。

つまり抗体価の検査を猫にしたら
20%から50%の確率で高い値を示すってことです。
これを抗体陽性といいます。

逆に抗体価の検査で低い値を示すことを
抗体陰性といいます。

猫ちゃんがトキソプラズマ陽性になっても普通症状は出ません。
でも、猫エイズにかかっている場合には
症状が出ることがあります。

症状としては

・発熱
・食欲不振
・下痢
・嘔吐
・黄疸
・痙攣

などがあります。

トキソプラズマの治療としては
抗生物質の投与になります。

治療がうまくいかない場合には
嘔吐下痢が悪化し、どんどん衰弱していくことでしょう。

私からの回答ここまで

つまり猫のトキソプラズマの感染率は20%から50%だと言われています。
この辺は文献によって異なることもありますのでご注意ください。

ストロングホールドプラスならノミ・ミミヒゼンダニ・フィラリア予防が可能

ストロングホールドプラスは通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ストロングホールドプラス(子猫用/2.5kg以下)
ストロングホールドプラス(猫用/2.5-5kg)
ストロングホールドプラス(猫用/5-10kg)

猫のトキソプラズマ抗体陽性・陰性の意味

猫 トキソプラズマ 感染率

猫のトキソプラズマは人間にうつります。
どうやってうつるか?というと猫のウンチからです。

猫のウンチの中にトキソプラズマが排出され
運悪く人間の口に入ることで人間に感染が成立します。

ただし、猫のウンチの中に
トキソプラズマが入り込むのは、
その猫ちゃんが初めてトキソプラズマに
感染したときだけなんです。

しかも、猫のウンチにトキソプラズマが
排出される期間というのは
感染して数日から数週間の間だけです。

もし猫ちゃんがトキソプラズマに
感染したのが初めてではない、
つまり2回目とか3回目なら猫ちゃんの体内に
抗体ができています。

抗体がトキソプラズマと戦ってくれるため
猫ちゃんのウンチにトキソプラズマが
排出されることはないと言われています

ということで
猫ちゃんにトキソプラズマの検査をして
抗体陽性なら、ウンチにトキソプラズマが入ることは
普通ありません。

また猫ちゃんがトキソプラズマに
感染してもトキソプラズマがウンチに入り込む可能性は
低いため、ある意味人間にとっては
安全だといえるでしょう。

逆に猫が抗体陰性だったなら
その猫ちゃんは一度もトキソプラズマに
感染したことがないかあるいは、
感染したばかりで、まだ抗体
が作られていないか、どちらかの可能性があります。

まだ抗体が作られていない場合、
初めてのトキソプラズマの感染だということになりますから
(2回目の感染なら抗体は陽性なはず)
ウンチにトキソプラズマが入る可能性があります。

ウンチに混ざったトキソプラズマが
人間の口に入ると、とくに妊婦さんの場合
流産の危険性があるのでご注意ください。

以上で解説を終わります。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

関連記事

ページ上部へ戻る