猫の犬歯が伸びる原因を獣医師が解説

※アフィリエイト広告を利用しています

猫 犬歯 伸びる

「飼っている猫の上の犬歯1本が
異常に伸びてしまっていて
下唇を押し下げていて心配」
という相談を受けました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

この猫ちゃん、
伸びた犬歯によって下唇が押し下げられ
少しゆがんでイシコリみたいなのも
できているそうです。

この記事では猫ちゃんの犬歯が伸びる原因について
解説していきたいと思います。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

猫の犬歯が伸びる原因

猫 歯 黒い点

猫ちゃんの場合、
噛み合わせが悪くて犬歯が伸びることが多いです。

これは別に犬歯に限ったことではありません。
噛み合わせの悪さによって
他の歯だけが伸びて
下の唇を押し付けることがあります。

噛み合わせが悪くて犬歯などが伸びすぎても
日常生活に問題がないなら
様子を見ることもあります。

ですが、下唇を伸びた歯が刺激しすぎて
シコリみたいに硬くなっているようなら
手術をする場合もあります。

あと、唇にシコリができている場合
歯が原因でないケースもあります。

たとえばメラノーマという転移しやすいガンの可能性もあります。
これは以前、犬について書いた記事ですが
猫ちゃんにもメラノーマはあります。
犬の口腔内メラノーマで悩んでいる方はこちら

ですから「、歯が伸びていて
唇や口の中にシコリができているけど
元気も食欲もあるから様子見よう」
と思わないでください。

とりあえず動物病院で
診察を受けることをおすすめします。

基本的に、今現在、口に痛みがなくて
食欲があるようなら
緊急性はないかとは思います。

でも歯の伸び過ぎで唇に当たり
口が痛く、食餌ができないとか、
シコリが大きくなってきたなど
ありましたら、早めに手術を受けた方がよいでしょう。

手術内容としては噛み合わせの改善や
シコリがあるならシコリの除去、
歯石がついているなら歯石除去になります。

最後にまとめますと
猫ちゃんの犬歯が伸びる原因は
噛み合わせの悪さによることが多いです。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

関連記事

ピックアップ記事

子猫 くしゃみ 原因

2019-1-6

子猫がくしゃみをする5つの原因

ページ上部へ戻る