アトピー性皮膚炎の犬におすすめの服を現役獣医師が紹介

犬 骨肉腫 転移

私が獣医大学の学生時代のことです。
後輩がアトピー性皮膚炎で自ら命を絶ちました
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

本当の話です。
前日まで電話で話をしていたので
信じられませんでした。

でもそれくらいアトピー性皮膚炎はかゆみや偏見で
いっぱいの病気なんです。

もちろん犬にもアトピー性皮膚炎があります。
もしかしたら愛犬とお散歩中、
心無い人から、
「こんなに皮膚がひどいのにどうして動物病院に
連れて行ってあげないの?」
って言われたことないですか?

あなたからしてみたら
「ずっと動物病院で治療しているよ。
なんなら、ステロイドじゃなくて
最新のお薬だって使っているんだから」
って心の中で怒鳴っていたかもしれませんね。
犬用アトピー性皮膚炎のお薬

その気持ちよくわかりますよ。
私も日々、
アトピー性皮膚炎のワンちゃんの
診察をしているのですが

診察後、ほかの飼い主さんが
「あの犬(アトピー性皮膚炎のワンちゃん)の病気、
うちの犬にうつらないんだろうな」と
真剣に私に言ってくることだってありますから。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

私もそんな偏見をもった飼い主さんからのクレームを
聞くのがつらいんです。

少しでもアトピー性皮膚炎のワンちゃんのかゆみが
治まるように、記事を書いていきたいと思います。

前回の記事ではアトピー性皮膚炎の原因について
解説しました。
犬アトピー性皮膚炎3つの原因

前回解説した犬のアトピー性皮膚炎の原因の中で
『犬の角質層は人間の角質層の3分の1しかない』
と言いました。

だから犬の方が人間よりも
皮膚トラブルを起こしやすいわけです。

そこでおすすめなのが犬用の服で
皮膚を守る方法です。

人間よりも薄い角質層を守るためにも
愛犬に服を着させることを検討してみてください。

アトピー性皮膚炎の犬におすすめの服1.保湿して乾燥させない服

犬 アトピー性皮膚炎 服

乾燥は皮膚に悪いです。
皮膚のバリアが弱くなるからです。

バリアが弱くなると
花粉やたばこの煙などの粒子が
犬の皮膚に侵入しやすくなります。

結果、アレルギー反応を起こし
アトピー性皮膚炎がひどくなる可能性があるんです。

そこで皮膚の乾燥を防げる服
愛犬に着させましょう。

こちらが犬のアトピー性皮膚炎におすすめの服です。

検討してみてください。

犬用ノミダニ駆除薬ブラベクトなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒ブラベクトチュワブル錠1400mg

アトピー性皮膚炎の犬におすすめの服2.皮膚を掻きむしらないようにできる服

犬 アトピー性皮膚炎 服

アトピー性皮膚炎を発症すると
ひどいかゆみに悩まされます。

だから「ヒンヒン」いいながら
皮膚をかきむしることがあるんです。

でも、かきむしると
皮膚のバリアが壊れ、花粉やばい菌はカビの胞子などが
侵入しやすくなります

結果、アトピー性皮膚炎が悪化することがあるんです。
そこで、愛犬が皮膚をかきむしれないような服を
着させてあげてください

薄い服とか、通気性がよすぎる服ではないってことです。

アトピー性皮膚炎の犬におすすめの服3.皮膚に触れる素材に注意

犬 アトピー性皮膚炎 服

ナイロンは皮膚への刺激が強いのでおすすめできません。
犬のアトピー性皮膚炎専用に作られた服を選ぶようにしましょう。

こちらは獣医師が開発した犬アトピー性皮膚炎用の服です。

アトピー性皮膚炎のかゆみを少しでも減らすために
愛犬に服を着させてあげましょう。

以上で解説を終わります。

関連記事

ページ上部へ戻る