風邪をひいた野良猫の治し方を獣医師が解説

貧血の猫

近所の野良猫が「クシュンクシュン」くしゃみをしながら
鼻水をダラダラと流していて心配。

野良猫の風邪の治療方法について知りたいと
相談を受けました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

この記事では風邪をひいた野良猫の治療方法について
解説していきたいと思います。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

風邪をひいた野良猫の治し方(治療方法)

風邪をひいた野良猫の治し方

野良猫の治療方法は
飼い猫と比べると、
やれることが限定されてしまいます。

そもそもお薬を飲ませるでも
いちいち、外に行って
捕まえないといけないからです。

確実に風邪をひいている野良猫ちゃんを
発見しないといけません。

ですから野良猫ちゃんの行動パターンと
性格をつかむことがまず第一です。

たとえば、行動パターンでは
野良猫ちゃんは普段、どこで寝ているのか?
いつどこで食事をしているのか?などがあります。

性格ということだと
野良猫ちゃんにベタベタ触ることが
できるのか、それともできないのか?

人懐こくて抱っこできるような正確なら
錠剤のお薬を飲み込ませれるかもしれませんし
動物病院に連れていけるかもしれません。

野良猫ちゃんに限らず、
犬も人間も風邪は予防が最も大切です。

風邪の症状が現れたときには
できるだけ早く治療を開始することが重要です。

そして治療で一番大事なのが、
野良猫ちゃんが落ち着ける場所での
看護となります。

具体的にはよく寝ることと
栄養価の高い食事を食べること
水分の補給、
それから体を適度に温めてあげることです。

人間に慣れている野良猫ちゃんなら
できれば自宅に連れて帰ってあげて
食事を与えたり、
水分を与えてあげた方がよいでしょうね。

またできれば動物病院で診察・治療を
受けるのがベストでは
あります。

でも、それがなかなかできない・・・
ということであれば、
野良猫ちゃんがいつも寝ているところに
1枚いらなくなった毛布もしくは
バスタオルなどを置いて
体が冷えないようにしてあげてください。

あと、栄養のある食事も忘れずにお願いします。
風邪の治療は人間もそうだと思いますが
特効薬がないので、食べて力をつけることが重要ですから。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

関連記事

ページ上部へ戻る