SDMAとは?どんな検査なの?

猫風邪の原因

年齢を重ねた猫ちゃんが多く患う腎不全。

しかし腎不全は、早期発見が難しい病気です。
そのため、症状が出て検査をした時には
もう回復が難しいことも多くあります。

今までワンちゃん、猫ちゃんの腎臓の検査は
クレアチニンの数値を基準とされてきました。

クレアチニンの測定は、血液検査で病院でもすぐに検査出来ます。

しかし、クレアチニンの数値で異常が出たときには、
すでに腎臓の機能が75%以上失われています。

また、ペットの筋肉量によって数値に誤差が出てしまう欠点があります。
例えば、高齢のペットの場合、筋肉量が少ないためクレアチニンの値が
実際よりも低く出ることがあります。

つまり、実際は腎臓の機能が50%失われていても
数値に異常が出ないため治療が必要ないと判断されてしまいます。

血液検査

そこで最近では、血液検査でSDMAという項目が注目されています。

【期間限定】ネクスガードスペクトラが安く買える!

クーポンコード:RYUPAFG9

<クーポンの利用条件>
■2020年3月13日(金)~2020年8月31日(月)まで有効です。
■お一人様1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。
■一度に対象商品を数種類ご注文した場合は、それぞれに割引が適用されます。
■他のクーポンコードとの併用はできません。
■使用には販売サイトへの会員登録が必要です。
■特価および同梱発送限定商品はクーポン対象外です。

詳細は以下をクリック
ネクスガードスペクトラ(超小型犬用)
ネクスガードスペクトラ(小型犬用)
ネクスガードスペクトラ(中型犬用)
ネクスガードスペクトラ(大型犬用)
ネクスガードスペクトラ(超大型犬用)

SDMAとは?

SDMAは、初期の腎不全の診断が出来る優れものです。

SDMAは、クレアチニンと違い腎臓の機能が40%以上失われると
異常を示します。また筋肉量にも影響を受けません。

腎臓病は、症状が出たときはかなり進行していることが多い病気で
腎臓は、一度機能が失われるともう回復することはありません。

腎臓病の治療は、進行を遅らせるのが目的なので出来るだけ
早期に発見して治療を始めることがとても大切です。

SDMAを測定することで、これからは症状が出る前に健康診断で腎臓病を発見できる
ようになるのでうれしいですね。

病院によって異なりますがSDMAの検査料金は、2,000~3,000円で受けられるので
興味のある方は、かかりつけの動物病院に相談してみてはいかがですか?

【期間限定】ネクスガードスペクトラが安く買える!

クーポンコード:RYUPAFG9

<クーポンの利用条件>
■2020年3月13日(金)~2020年8月31日(月)まで有効です。
■お一人様1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。
■一度に対象商品を数種類ご注文した場合は、それぞれに割引が適用されます。
■他のクーポンコードとの併用はできません。
■使用には販売サイトへの会員登録が必要です。
■特価および同梱発送限定商品はクーポン対象外です。

詳細は以下をクリック
ネクスガードスペクトラ(超小型犬用)
ネクスガードスペクトラ(小型犬用)
ネクスガードスペクトラ(中型犬用)
ネクスガードスペクトラ(大型犬用)
ネクスガードスペクトラ(超大型犬用)

関連記事

ページ上部へ戻る