【四季別】犬が安全に散歩できる時間帯

犬 散歩 時間帯

この記事をご覧になっているあなたは
おそらく愛犬をお散歩に連れて行きたいのでしょう。

でも、いつ愛犬を
お散歩に行ったらよいのか?悩んでいる方だと思います。

特に犬は暑さに弱いです。
夏なんかはお散歩に連れて行く時間帯によっては
愛犬が熱中症を起こして死亡してしまう
危険性があります。

逆に冬場だと、時間帯によっては
寒さ愛犬が腹痛を起こしてしまうことだってあります。

この記事では愛犬とお散歩に行くなら
どの時間帯がよいのか?
四季別に解説して行きたいと思います。

スポンサードリンク




犬が散歩できる時間帯【春編】

犬 散歩 時間帯

春は暑くもなく寒くもない季節です。
人間にとっても過ごしやすい季節ですが
犬にとっても過ごしやすい季節です。

なので、どの時間帯でもお散歩は大丈夫といえます。
ただ、よりベストを目指すなら
朝とか夕方はよいでしょう。

昼間だと夏に近い時期だと
熱中症になる危険性があります。

なぜなら犬の場合、気温が25℃以上あると
熱中症になる危険性が高まるからです。

犬は人間みたいに汗をほとんどかけません。
だからうまく暑くなった体を冷やすことができず
人間よりも熱中症になりやすいのです。

なのでお散歩に連れて行く時間帯としては
朝と昼なら朝の方がよいでしょう。

逆に夜の中でも深夜だと寒いかもしれません。

そういった意味で
春のお散歩なら朝か夕方の時間帯がよいでしょう。

スポンサードリンク




犬が散歩できる時間帯【夏編】

犬 散歩 時間帯

先ほども書きましたが、
犬は暑さに弱いです。

汗をほとんどかけないからです。
人間はダラダラと汗をかきます。
汗が出て、その汗が乾燥するときに
気化熱が発生します。

気化熱は私たちの体から熱を奪うんです。
こうやって、少しでも熱中症にならないように
人間の体はできているんですね。

でも犬は汗をほとんどかけません。
汗が出る場所というと、足裏のパッドの間くらいです。

なので犬は人間よりも圧倒的に熱に弱いんです。
先ほども書きましたが犬はきおんが25℃以上あると
熱中症になるリスクが高まります。

では夏、お散歩に行くならいつがよいのでしょう?
理想としては朝は日の出のタイミングですね。
5時頃でしょうか。

それから夜は21時以降がよいです。
ただ、夜は、日中に浴びた熱が地面に残っています。

なので夜でも意外と地面付近は暑いです。
人間より地面に近い位置に頭がある犬は
地面に残った熱の影響をうけやすいと言われています。

なので、夜のお散歩は
できるだけ遅い時間帯に行くようにしましょう。



犬が散歩できる時間帯【秋編】

犬 散歩 時間帯

秋になると、少しずつ涼しくなってきますね。
だから暑さに弱いワンちゃんにとっても
少しずつ過ごしやすい季節になってきます。

繰り返しになりますが、
気温が25℃以上あると熱中症のリスクがあるので
外の気温をスマホなどで確認しながら
お散歩の時間帯を決めましょう。

たとえば昼間。
外の気温が25℃以上あるようなら
お散歩の時間帯は朝とか夕方になります。

逆に外の気温が25℃ないようなら
昼間でもお散歩に行けます。

ただ、ワンちゃんの体調のこともあるでしょうから
ご心配な方は、必ずかかりつけの獣医さんに相談して
決めるようにしましょう。

犬とお散歩

あと、秋はまだ毛虫とか蜂とか虫がたくさんいます
草むらに入って行って
虫に噛まれないように気をつけてください。

当院でも秋になると、
ハサミムシに噛まれたり、毛虫に刺されたりして
顔が腫れ上がったワンちゃんの来院が多くなります。

治療は腫れをひかせるような注射を使うことが多いです。

とはいえ注射で治ればいいですが
アナフィラキシーショックを起こして
死亡する危険性もあるので
とにかく、愛犬が草むらに入っていかないように
十分気をつけてくださいね。

犬が散歩できる時間帯【冬編】

犬 散歩 時間帯

犬は暑さに弱いのは
何度も言っているのでわかっていただけたと思います。

では冬の寒さはどうでしょう?

冬になると、結構、下痢や嘔吐で来院するワンちゃんが
増えてきます。

寒さでお腹を冷やしたものと思われます。
なので、個人的には犬は寒さにも弱いように感じます。

だから冬のお散歩はできれば
暖かい昼間の時間帯がおすすめです。

具体的には12時前後ですね。

朝とか夜は寒いでしょうから。

またお散歩に行く時には
お洋服を愛犬に着させてあげてください。
寒さ対策としておすすめです。

またもし雪が降っているようなら
愛犬の足元にも注意してください。

凍傷の危険性もあるからです。

最近ではワンちゃん用の靴下もあります。

しかも今どきの犬用靴下はゴム底付のもあります。
だから地面の雪や氷で足元が冷たくなる危険性が
かなり軽減されている
んです。

雪が積もっている場合や地面が凍っている場合には
靴下をワンちゃんに履かせてあげてから
お散歩に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

スポンサードリンク




犬が散歩できる時間帯まとめ

犬 散歩 時間帯

最後にまとめますと、春から秋にかけては寒さより暑さの方が
問題です。

なので、涼しい時間帯にお散歩に行くようにしましょう。
少なくとも外の気温が25℃以上あると
熱中症の危険性があることを知っておいてください。

それから春から秋は虫刺されにも気をつけてください。

それから冬は寒さに注意です。
この時期、寒さでお腹を壊すワンちゃんが増えます。

なのでお洋服を着させてあげてください。
また地面が凍っているようなら
凍傷対策として靴下を愛犬に履かせてあげてください。

お散歩の時間は暖かい昼間がおすすめです。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る