犬の形質細胞腫の特徴を獣医師が解説

犬 形質細胞腫

当院に前足にシコリができたということで
診察にきたワンちゃんがいました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

上記画像は手術前のワンちゃんにできた実際のシコリです。

この犬のシコリは手術した後にお願いした病理検査の結果、
以下の赤枠をご覧ください。

犬 形質細胞腫

形質細胞腫』だと診断されました。

この記事では犬の形質細胞腫の特徴や
同じようなシコリの一種、組織球種との違いについても
詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




犬にできる形質細胞腫の特徴

犬 形質細胞腫

来院した時には上記画像のように
赤いシコリができていました。

飼い主さんも心配されていたので
即手術をしました。

2週間して抜糸した結果、以下の画像(赤枠)のように
きれいにシコリを取り除くことができました。
痕もほとんど残っていません。

形質細胞腫手術後

結果は、形質細胞腫です。

形質細胞腫は良性腫瘍の一種です。
腫瘍には良性と悪性の2種類あります。

悪性は放っておくと全身に転移して
最後は肺に転移したり脳に転移したりして
呼吸困難を起こしたり神経症状が出たりして
死んでしまう恐ろしい腫瘍のことです。

逆に良性とは放っておいても大きくなるかもしれませんが
全身に転移しない腫瘍のことをいいます。

形質細胞腫

上記画像の赤枠をご覧ください。
すごく見づらいですけど、
形質細胞腫は良性です。

放っておいても全身に転移することは通常ありません。

ただ、こんな感じで腫瘍を摘出して
病理診断医の診断を得ない限り
犬にできたシコリが悪性か良性かは判断できません。

スポンサードリンク




犬にできる形質細胞腫と組織球種の違い

犬 形質細胞腫

犬の皮膚にできる良性腫瘍として
形質細胞腫以外に組織球種があります。

組織球種と形質細胞腫は肉眼では違いがわかりません。
そもそも悪性腫瘍との違いもわかりません。

ただ、組織球種と形質細胞腫では放っておいた場合の経過が違います。
たいてい組織球種だと放っておくと、消えてなくなるんです
でも形質細胞腫は放っておいても消えません。

なので飼い主さん的には不安が消えません。
腫瘍が消えてくれれば
「よかった、シコリがなくなった」
と安心できるでしょう。

でも、形質細胞腫は消えるどころか
どんどん大きくなることが多いです

なので飼い主さん的に
どんどん不安は増大していきます。
恐怖すら感じるでしょう。

愛犬の皮膚にシコリができた場合には
とりあえず動物病院を受診してください。

そして獣医師と相談のうえ、
手術を受けるか様子を見るか
判断するようにしましょう。

愛犬の皮膚にできるシコリには
他に肥満細胞腫という悪性腫瘍の可能性も
否定できませんからね。

以上で犬にできる形質細胞腫についての解説を
終わります。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る