犬はブロッコリー食べていい?

犬 ブロッコリー食べていい

ポトフに入っているブロッコリーを食べるのが大好きです。
噛んでグシャッとしたときのブロッコリーの食感がたまりません。

こんなにおいしいブロッコリーを愛犬に食べさせたいという
飼い主さんもいるでしょう。

そこでこの記事では犬はブロッコリーを食べてもいいのか、
解説したいと思います。

スポンサードリンク




犬はブロッコリーを食べても大丈夫なの?

ブロッコリー 犬

指先くらいの大きさのブロッコリーをたまに
愛犬に食べさせる程度なら問題ありません。

ただブロッコリーの食べ過ぎは犬にとって危険です。
ブロッコリーはアブラナ科の植物なのですが、
ある成分が含まれているため、犬が病気になってしまう危険があります。

以下、詳しく解説します。

スポンサードリンク




犬がアブラナ科のブロッコリーを食べるとどうなる?

犬

ブロッコリーなどのアブラナ科の植物には
グルコシノレートという成分が含まれています。

グルコシノレートをという成分を犬が摂取しすぎると甲状腺の機能が低下することがあるんです。

甲状腺の機能が低下しているかどうか調べる方法については
こちらの記事で詳しく解説しました。
犬が甲状腺機能低下症かどうか見極める数値について

また、検査で甲状腺の機能が低下していることがわかったら
こちらの記事で解説しているようなお薬を一生飲むことになります。
犬甲状腺機能低下症の薬の種類を現役獣医師が解説

ちなみにアブラナ科の植物はブロッコリー以外に
・キャベツ
・大根
・カブ
・白菜
・カリフラワー

などがあります。

上記の植物も犬が食べすぎると甲状腺の病気になることがあるので
ご注意ください。



ブロッコリーに含まれるグルコシノレートについて

ブロッコリー

ブロッコリーなどのアブラナ科に含まれているグルコシノレートは
体の中に入るとゴイトリンという物質に変わります。

ゴイトリンという物質が甲状腺の働きを邪魔する結果、
犬が甲状腺機能低下症になると言われています。

ただ、グルコシノレートは加熱することで
かなり毒性が落ちると言われています。

なのでブロッコリーをもし犬に食べさせるなら
しっかりと湯がいてから与えるようにしましょう。

それだけでも愛犬が甲状腺の病気になる可能性は抑えることができます。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る