【獣医師監修】犬はブロッコリーの茎を食べれるの?

犬 ブロッコリー 茎

犬はブロッコリーの茎を食べれるのでしょうか?
診察中、飼い主さんに「うちの犬、ダイエット中なんです。
だからブロッコリーの茎の部分を食べさせてます」
みたいなことを言われます。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

ちなみにブロッコリーの茎以外については記事にしています。
なので、こちらをご覧ください。
犬はブロッコリー食べていい?

今回の記事では愛犬にブロッコリーの茎を食べさせても大丈夫なのかどうか
解説したいと思います。

スポンサードリンク




犬にブロッコリーの茎を食べさせても大丈夫?

ブロッコリーと茎

まずブロッコリーの茎は繊維質が豊富な点で、
ブロッコリーでも他の部分と違います。

繊維質が多いと、硬くなります。
噛みごたえがあるってことです。

なので、歯石がいっぱいついていて歯がボロボロな老犬に
ブロッコリーの茎を与えない方がよいでしょう。
ブロッコリーの茎を噛んだ瞬間に歯が抜けてしまう可能性があるからです。

それでもどうしてもブロッコリーの茎を与えたい場合には
グツグツと茹でて愛犬に与えるようにお願いします。

とはいえ、ブロッコリーの茎自体、少しだけなら
与えても問題ありません。

あと、ブロッコリーは全体的にビタミンが豊富なのですが
加熱すると、ビタミンが破壊されてしまいます。
この点は知っておいてください。

最後にまとめますと、愛犬にブロッコリーの茎を与えても良いか?
というと、少しだけなら構いません。

ただ茎は硬いです。
歯がグラグラの犬に対しては茹でるなどして
柔らかくしてから与えるようにお願いします。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る