猫が草を食べる理由を獣医師が解説

猫 尿石症 原因

飼い猫が自宅に植えている草を
キャットフードみたいに
むしゃむしゃ食べて困っている
と、相談を受けました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

その猫ちゃん、食欲が旺盛のようです。
飼い主さんは体重が増えないようにと
缶詰やドライフードを減らし気味に
あげていました。

ただ、お腹が満足しない猫ちゃんは
草をご飯代わりに食べているそうです。

この飼い主さんは
猫が草を食べる理由は
毛玉を吐く為に食べたり、
変なものを口にした時に
吐く為に食べたりするという認識だそうです。

なのでバクバクと
猫ちゃんが草を食べるという行動を見ていると、
飼い主さん的には違和感を感じているとのこと。

この記事では
猫ちゃんが草を食べる理由につい
解説したいと思います。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

猫が草を食べる理由

猫 草を食べる理由

猫は一応肉食動物です。
一応と書いたのは、
ちょっとくらいは植物を食べることがあるからです。

とはいえ、猫ちゃんが草を食べる理由として
よくあるのは胃に毛玉がたまっている状況
です。

特に尖った草を猫ちゃんが食べることで
胃を刺激し、毛玉を
吐きやすくしているのではないか?
と言われています。

ネット通販で購入できる猫草と言われるものが
たいてい先端が尖っているのはそのためです。

これは毛玉に限ったことではありません。
胃や腸にガンができていたりして
吐き出したいという感覚に猫ちゃんがあるなら
尖った草を食べて吐き出そうとすることがあります。

他にも寄生虫に感染した場合、
異嗜(いし)といって
食べてはいけないもの、
たとえば草を食べてしまう症状が
出る場合もあります。

なので、猫が草をバクバク食べるなら
以前は明らかに異常と言われていました。

でも、獣医学が進歩してきてわかってきたのは
実際、草をバクバク食べても平気な猫ちゃんが
いるということです。

寄生虫感染や毛玉みたいな病気の症状として
草を食べる以外にも
実は味や舌触りを猫ちゃんが
楽しんでいる場合もあることが
わかってきています。

ただ、どちらにしてもやはり日常的に
猫ちゃんに草を与えるのは疑問的です。

草を育てるために
肥料を使うことが多いでしょう。

もし猫ちゃんが食べた草に
肥料がガッツリついていたら
中毒の危険性も出てきます。

猫が食べるために作られた猫草ではなく
観葉植物を食べてしまうという場合にも
中毒を起こす危険性があります。

仮に猫に無害な植物となっていても、
やはり肥料の種類によっては
有毒になりえるのです。

ですから猫ちゃんに草を基本的には
与えないほうがよいでしょう。

もし猫ちゃんが草を食べた後に
吐くようなら胃腸の調子が悪い可能性が高いです。

この場合には
すぐに動物病院に連れていき
診察を受けるという姿勢でいくのが
最善だと思います。

ブラベクトプラスなら1回でノミ・マダニ・フィラリア予防が可能です

ブラベクトプラス(猫用)は通販サイトで安く購入できます。
詳細は以下をクリック
ブラベクトプラス(猫用/1.2-2.8kg)
ブラベクトプラス(猫用/>2.8-6.25kg)
ブラベクトプラス(猫用/>6.25-12.5kg)

関連記事

ページ上部へ戻る