犬アトピー性皮膚炎3つの原因

犬 アトピー性皮膚炎 原因

愛犬がボリボリ全身をかきむしる..
かきむしるときに「ヒンヒン」悲鳴をあげる..

かわいそうですよね?

私たち人間だって
かゆすぎて、血が出るくらいかきむしるのって
かなり精神的につらいですから。

私が獣医学生時代のことですが、
アトピー性皮膚炎がつらすぎて
自ら命を絶った後輩がいました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

ところおでワンちゃんにも
アトピー性皮膚炎という病気があります。

犬のアトピー性皮膚炎なら最近では
こちらのお薬を使うことが
多くなってきました(ステロイドではありません)。
最新の犬アトピー性皮膚炎の治療薬は?

アトピー性皮膚炎はアレルギー性皮膚炎の一種です。
アレルギーが原因で起こるわけです。
ばい菌やウイルスが原因ではないので
他の犬にアトピー性皮膚炎がうつることはありません。

この記事では犬がアトピー性皮膚炎を起こす
3つの原因について解説していきたいと思います。

【期間限定】アルコール消毒が安く買える!

インフルエンザ・風邪対策用として
濃度75%のアルコール成分の働きによって、
様々な細菌やウイルスからあなたの手指をしっかり守ります。

詳細はこちら⇒オパシーアンチバクテリアルハンドジェル

犬がかゆみを起こす原因

犬 アトピー性皮膚炎 原因

そもそも犬が全身をボリボリとかゆがる病気は
いろいろあります。

犬がかゆがる原因として

・寂しいなど精神的なもの
・脂漏症(皮膚の脂で毛がギトギトしている)
・膿皮症(ばい菌が原因で起こる、お腹に赤いぶつぶつができることが多い)
・マラセチア性皮膚炎(マラセチアという酵母用真菌原因)
・皮膚糸状菌症(カビの仲間が原因)
・ニキビダニ症(ニキビダニというダニの仲間が原因)
・疥癬(ヒゼンダニというダニが原因)
・ノミ刺症(ノミが原因)
アレルギー性皮膚炎

などが考えられます。

で、

アレルギー性皮膚炎の中に

・アトピー性皮膚炎
・食物アレルギー
・ノミアレルギー
・接触性アレルギー

があるんです。

つまり、アトピー性皮膚炎はアレルギー性皮膚炎の一種なんですね。

では犬がアトピー性皮膚炎を起こす原因って
何が考えられるのでしょう?

この記事では原因を3つ挙げてみたいと思います。

犬用ノミダニ駆除薬ブラベクトなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒ブラベクトチュワブル錠1400mg

犬のアトピー性皮膚炎の原因1.遺伝

アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎は
オスよりメスに起こりやすいと言われています。
性別で差があるんですね。

他にも
アトピー性皮膚炎をおこしやすい犬種というのも
あります。

アトピー性皮膚炎をおこしやすい犬種は

・柴犬
・シーズー
・ゴールデン・レトリーバー
・ラブラドール・レトリーバー
・シェットランド・シープドッグ
・ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
・ボストン・テリア

です。

犬種や性別によってアトピー性皮膚炎が起こりやすいとか
起こりにくいがあるということは
遺伝の影響が高いと言えるでしょう。

たとえば、
シーズーのお母さんと
シーズーのお父さんの子供は
アトピー性皮膚炎になりやすい。

でも、
ミニチュアダックスのお父さんと
ミニチュアダックスのお母さんの子供は
アトピー性皮膚炎になりにくいわけですから。

犬のアトピー性皮膚炎の原因2. 皮膚バリア機能の異常

表皮

犬や人間の皮膚は表面から中に向かって

・表皮
・真皮
・皮下組織

という3層構造でできています。

角質層

さらに表皮は表面から内側に向かって

・角質層
・顆粒細胞層
・有棘細胞層
・基底細胞層

の4層構造でできています。

で、表皮の基底細胞層は一定の周期で角質層に
押し上げられることで、
皮膚が入れ替わっているんです。

これを皮膚のターンオーバーっていいます。

で、これは犬も人間も同じなんですが、
違うところもあります。

犬の角質層の厚さって人間の角質層の厚さの3分の1しかないんです。
簡単にいうと、犬は人間よりも面の皮が薄いってことです。
犬の皮膚は人間より刺激や乾燥に弱いです。

皮膚は外から変な物質が入ってくるのを防ぐ役割があります。
なのに、人間より犬の方が角質層が薄いわけです。

だから、角質層がうまく作られないと
犬の場合、花粉やたばこの煙などが皮膚内に入り込み
アレルギー反応を起こしてしまうわけです。

犬のアトピー性皮膚炎の原因3.環境

ストレス

・深夜にピアノをひいていてうるさい
・近くで「ガンガン」工事していてうるさい
・雷の音がうるさいし怖い

などストレスを感じやすい環境で
アトピー性皮膚炎を引き起こすことがあります。

ストレスを感じると副腎という臓器から
ステロイドホルモンが分泌されます。

ステロイドホルモンは免役に影響を与えます。
ストレスを感じなければ問題ないワンちゃんも
ストレスで免疫がおかしくなり
アトピー性皮膚炎を起こすこともあるんです。

以上が犬がアトピー性皮膚炎を起こす3つの原因です。

もし犬がアトピー性皮膚炎を起こした場合
昔はステロイドを使って治療をしていました。

でもステロイドは糖尿病になったり
肝臓病になったりと副作用がきついので
最近ではこちらの記事で解説しているお薬を使うことが
多いです。
最新の犬アトピー性皮膚炎の治療薬は?

【期間限定】アルコール消毒が安く買える!

インフルエンザ・風邪対策用として
濃度75%のアルコール成分の働きによって、
様々な細菌やウイルスからあなたの手指をしっかり守ります。

詳細はこちら⇒オパシーアンチバクテリアルハンドジェル

関連記事

ページ上部へ戻る