犬猫の腎臓病にエナカルドを使う意味

エナカルド 腎臓

「ワンちゃんや猫ちゃんが腎臓病だと診断されたときに
どうしてエナカルドを使うことがあるの?」
って気になっていませんか?

そもそもエナカルドは心臓病のお薬ですからね。
たとえばワンちゃんの僧帽弁閉鎖不全症なら
だいたい最初にエナカルドを私は処方します。

私は動物病院を経営している獣医師です。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ
僧帽弁閉鎖不全症の原因

「腎不全の治療に心臓病のお薬?」
と不安になる方も多い印象です。

当院でも、他院で腎不全だと診断され
エナカルドを処方され不安になって
転院してくる飼い主さんが多くいますから。

この記事では腎臓病(腎不全)で心臓病のお薬、エナカルドを
使う意味について解説したいと思います。

腎臓の病気にエナカルドを使うのはなぜ?

エナカルド 腎臓

エナカルドは心臓病のお薬なのですが、
具体的には血圧を下げる作用があります。

「血圧を下げることと、腎臓病とどういう関係があるの?」
って疑問に感じてしまいますよね。

エナカルドって実は
腎臓病の進行を遅らせることがわかっているんです。

つまり、エナカルドには腎臓病を治す作用はありません。
でも、エナカルドは腎臓病の進行を遅らせることができるわけです。

「少しでも長く
ワンちゃんや猫ちゃんが元気に生きられるように」
という願いを込めてエナカルドを処方する
獣医さんが多いのではないでしょうか。

少なくとも私はそういう気持ちで
エナカルドを処方していますよ。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

とにかくエナカルドには腎臓病を治す作用はありません。
腎臓病の進行を遅らせる程度のお薬なんです。

だからエナカルドを愛犬や愛猫に飲ませても
血液検査でBUNやクレアチニンの値が改善する可能性は低いでしょう。

もし飼っているワンちゃんや猫ちゃんが腎臓病で
エナカルドを処方されて不安なようでしたら
かかりつけの先生に相談することをおすすめします。

あと、腎不全は基本的に治りません。
エナカルドをずっと飲み続けることになります。

高額な治療費がかかります。
こちらはエナカルドと同じ成分が入ったお薬です。
かなりお安いので、一度ご覧ください。
エナラプリル(Enapril)2.5mg

レボリューションのジェネリックなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び犬用)

関連記事

ページ上部へ戻る