アドボケートの副作用

アドボケート 副作用

実際に当院にかかっている猫ちゃんに
アドボケートを処方したところ・・・

飼い主さんから「アドボケートってどんな副作用があるんですか?」
と怒り口調で電話がかかってきたころがあります。

「どうかしたんですか?」
と聞いてみたところ、、、

飼い主さんは「アドボケートをつけた部分の毛が
薄くなってきた気がするのよ」と言いました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

アドボケートの副作用の1つに
『投与部位に一過性の掻痒(垂らしたところが
かゆくなることがあるという意味)』があります。

だから、もしかしたら
アドボケートを垂らした部分がかゆくて
毛が抜けてしまったのかもしれませんね。

こんな感じでアドボケートに限った話ではありませんが
どんなお薬にも副作用があります。

この記事ではアドボケートの副作用について
解説していきたいと思います。

ネクスガードのジェネリックなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒ベクトラ3D犬用(1.5-4kg)

犬猫用アドボケートに起こる可能性がある副作用

アドボケート 副作用

アドボケートの副作用が以下の通りです。

以下http://www.maff.go.jp/nval/tenpu/003/pdf/nvaladvocatecat.pdfより引用
【アドボケート】猫への副作用注意書き

・投与直後に投与部位を舐めた場合,まれに運動失調,全身性の振戦,眼の徴候(散瞳,瞳孔反射の微弱化,眼振),異常呼吸など一過性の神経徴候が生じることがある。
・本剤の投与により,ときに流涎,落ち着きのなさ,まれに嘔吐が見られることがある。また,投与部位に一過性の掻痒,ときに皮膚炎,脱毛,まれに脂性被毛,紅斑が現れることがある。
・本剤はまれに局所的な過敏反応を引き起こすことがある。
・本剤はごくまれに投与部位に刺激を引き起こし,その結果,無関心状態,興奮,食欲不振など一過性の行動変化が起きることがある。

以上引用終了

上記のような副作用が起こる可能性があります。

ですが、あくまで個人的な感想ですが、
アドボケートを使用しても副作用は
ほとんど起こらないという印象
があります。

とはいえ、上記のような副作用がアドボケートの使用で
起こる可能性が否定できません。

アドボケートの副作用が心配な方は
レボリューションなどのお薬を検討してみては
いかがでしょうか。
犬のレボリューションはシャンプー前後どれくらいあけるべき?2
犬用レボリューション通販ならコチラ
犬の疥癬にレボリューションはどう?

アドボケート副作用意外の注意点

アドボケートの副作用について解説してきました。

次にアドボケートの注意点について
解説します。

たまに飼い主さんから
「アドボケートを垂らした部分を別の猫(犬)が
なめてしまっても大丈夫ですか?」
と相談されることがあります。

アドボケートをペットがなめると
運動失調や呼吸の乱れなどの症状がでるかもしれません。

もしアドボケートをペットがなめた場合には
すぐに動物病院で診察を受けるようにお願いします。

あと、生後9週齢以降で体重が1kg以上の猫ちゃんなら
基本的にアドボケートを使用できます。

ですが妊娠中の猫ちゃんには
アドボケートを使用できません。ご注意ください。

レボリューションのジェネリックなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び犬用)

関連記事

ページ上部へ戻る