うさぎの思春期はいつまで続く?オスメス別に解説

うさぎ 思春期 いつまで オス

「殴ってやろうか!」
とキレてしまうほど、人間の子供の思春期は大変です。

思春期というと人間特有のもののように
感じる方もいるかもしれません。

ですが、うさぎさんにも思春期はあります。
うさぎさんの思春期は生後3〜5ヶ月くらいから始まります。

ペットショップから子ウサギさんがお家にきて
すぐ、思春期が始まってしまう可能性が高いわけですね。

もし始めてうさぎさんを飼ったのでしたら
「うさぎってこんなに言うことを聞かないの!?」
とうさぎ嫌いになってしまうかもしれません。

たとえば、トイレを指定の場所にしてくれていたのに
思春期になったころから、違う場所で
オシッコをするようになる、うさぎもいます。

あるいは何の抵抗もなく抱っこできていたのに
思春期になったころから、
抱っこを嫌がるようになるウサギもいます。

うさぎってみんなで一緒にいるのが大好きな動物です。
集団行動が大好きなんです。

集団行動をする上で大事なのがリーダーの存在です。

みんな平等な立場であるより
先生であったり社長がいた方が
メンバーは安心するものです。

うさぎの世界もそうなんです。

だから思春期になったうさぎさんは
リーダーを探します。

もし思春期になったうさぎさんがリーダーになろうとしたら・・・
トイレを思い通りの場所でしてくれなくなったり
抱っこを嫌がったりする原因です。

では、うさぎさんの思春期って
いつまで続くのでしょうか?

スポンサードリンク




うさぎの思春期はいつまで続くもの?

うさぎ 思春期 いつまで オス

うさぎさんの思春期は生後3〜5ヶ月で始まり
6ヶ月から1年半で終わるのが一般的です。

なので思春期は早ければ2〜3ヶ月で終わります。
でも、もしかしたら1年経っても
思春期が終わらない場合もあるわけですね。

思春期のうさぎさんはやんちゃなことが多いですが
しばらくの辛抱です。

我慢してくださいね。

スポンサードリンク




オスうさぎの思春期の特徴

うさぎ 思春期 いつまで オス

オスのうさぎってとても縄張り意識が強いです。
「ここは僕の場所だぞ!」っていう気持ちが強いです。

なので、自分の場所だと思っているところに
飼い主さんが侵入しようとすると
「フーフー」鼻息を荒くして怒ることもあります。

また、オシッコをするときにも
周りに撒き散らすこともあります。

こういったオシッコを撒き散らす好意を
スプレー行動といいます。

スプレー行動によって
部屋がオシッコ臭くなることもあるんです。

お掃除も大変そうですね。

「じゃ、オスのうさぎって飼いにくいの?」
と思われるかもしれません。

でも意外かもしれませんが
メスのうさぎよりもオスの方が
懐きやすいと言われています。



メスうさぎの思春期の特徴

うさぎ 思春期 いつまで オス

メスのうさぎさんは子ウサギを産むと
気性が荒くなることがあります。

自分の子供を守りたいという母性本能が
原因です。

でも子供のうさぎがいなければ
オスより温厚です。

最後にまとめますと
うさぎの思春期は生後3〜5ヶ月くらいから始まります。
いつまで続くか?というと
6ヶ月から1年半くらいまで続きます。

で、オスとメスならなつきやすいのはオスです。
でも気性が荒いのもオスなので
どちらを飼おうか迷う方も多いでしょう。

でもこの辺はペットショップで
うさぎさんを見かけた時の相性で
判断したらよいと思います。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る