犬の核硬化症と白内障5つの違い

犬 ドライアイ 治らない

愛犬の黒目が白くなったら嫌ですよね?
目が見えなくなって、
愛犬が電柱にぶつかってほしくないですよね?

愛犬の黒目部分が白くなる病気に
核硬化症と白内障があります。

核硬化症と白内障では
治療に対する考え方などがまったく違います。

そこでこの記事では犬によく起こる
核硬化症と白内障の違いを5つに分けて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク




犬の核硬化症と白内障の違い1.白くなる原因

犬 核硬化症 白内障

核硬化症と白内障では原因がまったく違います。

白内障は目の中にある
タンパク質がくっつくことで白くなります。

これに対して核硬化症は老化が原因です。
老化してきて目の奥に光が入りにくくなった状態を
核硬化症とよんでいます。

もう少し詳しく核硬化症について解説しますね。
目の中の水分が抜けてきてどんどんレンズが硬くなった状態を
核硬化症といいます。

スポンサードリンク




犬の核硬化症と白内障の違い2.進行速度

犬 核硬化症 白内障

白内障と核硬化症では目が白くなっていくスピードが違います。
白内障だと目が白くなるスピードは
一般的に核硬化症より早い
です。

核硬化症は老化が原因で起こります。
だいたいガンでも若い人より老人の方が
進行スピードは遅いですね。

これと同じで核硬化症も白くなるスピードは
白内障より遅いです。
ゆっくり白くなっていきます。



犬の核硬化症と白内障の違い3.視力への影響

犬 核硬化症 白内障

白内障の場合、目が白くなるとともにどんどん見えにくくなります

電柱にぶつかったりします。

これに対して書く硬化症の場合、
目が白くなっても、想像以上に犬は見えています。

もちろん、核硬化症が進行していけば
最終的に見えなくなってきます。

でも、目の白さと視力の関係でいったら
白内障の方が、顕著ってことです。

白内障の方が白くなればなるほど視力が落ちます。
でも核硬化症は目の白さと視力は一致しません。

犬の核硬化症と白内障の違い4.併発疾患あるか?

犬 核硬化症 白内障

白内障は進行すると目の炎症を起こしやすくなります。
目の中のレンズが脱臼することもあります。

緑内障を発症し眼球摘出手術が必要になることもあります。

でも核硬化症の場合、核硬化症が原因で
目の炎症を起こすことはまれです。

核硬化症の原因は老化だからです。

スポンサードリンク




犬の核硬化症と白内障の違い5.治療法

犬 核硬化症 白内障

白内障は病気の一種です。
だから視力が落ちてきて、日常生活に支障が出るようなら
手術をすることもあります。

あとは白内障の進行を遅くするために
目薬で治療
をおこなうこともあります。

私が診療している動物病院では
こちらの目薬をよく使います。
【白内障治療に】クララスティル(Clarastill)

これに対して核硬化症の場合、
原因は老化ですし、視力も見た目の白さ以上に落ちません。

だから基本的には様子見になります。
無治療であることが多いです。

以上で核硬化症と白内障の違いについての解説を終わります。

スポンサードリンク




関連記事

ページ上部へ戻る