犬が低血糖を起こす原因【開業獣医師監修】

犬 インスリノーマ 症状

犬の低血糖とは血糖値が60㎎/dL以下の状態のことをいいます。
そして低血糖の症状が出て、
命の危険性が生じるのは血糖値が40㎎/dL以下くらいです。

この記事では犬が低血糖を起こす原因について解説しますが、
先に一般的な症状について説明しますね。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

犬の低血糖の症状

犬の低血糖の症状

脳や神経の栄養分って何かご存じですか?
脳や神経の栄養分は主に糖分です。

ですので愛犬が血糖値が低い状態である低血糖を起こすと
脳や神経に行く糖分の量が減るため、
脳や神経が栄養不足に陥り、神経症状がでます。

神経症状といっても、症状の軽重は千差万別です。
軽いものだと様子や行動が普段と違う感じ、
たとえば飼い主さんが見ると、「ちょっとおかしいな」くらいです。

重くなってくると、筋肉がピクピク痙攣をおこしたり
ブルブル震えたり、フラフラしたり
グッタリするようになります。

場合によっては低血糖で嘔吐することもあります。

犬用ノミダニ駆除薬ブラベクトなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒ブラベクトチュワブル錠1400mg

犬の低血糖の原因

犬の低血糖の原因

何の病気がなくても(これを生理的といいます)低血糖を起こすこともありますし
病気が原因で低血糖を起こすこともありますし、
お薬などの治療が原因で(これを医原性といいます)低血糖を起こすこともあります。

具体的に犬が低血糖を起こす原因として

・運動しすぎ(体にある糖分以上に運動で糖分を消費しすぎた)
・栄養失調(飢餓状態だと体内の糖分が少ない)
・特に生まれたばかりの子犬(筋肉や脂肪が少ないし、体内に貯めている糖分が少ないから)
・糖尿病で過剰なインスリン注射の結果低血糖を起こす
・キシリトール中毒
・血液検査の機械がエラーを起こすケース
・採血して検査するまで時間がかかりすぎているケース

などがあります。

運動しすぎのケースでは糖分の補給などで改善が見られます。
子犬の低血糖のケースは2~3時間に1回、こまめに食事を与えることで
低血糖の予防ができます。

キシリトールについてはこちらの記事をご覧ください。
犬がキシリトール中毒を起こす量は?

病気で犬が低血糖を起こす原因は

・副腎皮質機能低下症や下垂体機能低下(血糖値を維持するためのホルモン不足による)
・肝不全や門脈体循環シャント(肝臓への血流が不足して肝機能が落ちる結果)
・インスリノーマ(血糖値を下げるインスリンが過剰に分泌される腫瘍)
・赤血球の数が異常に増えるケース(糖分が赤血球で消費される結果)
・肝臓や平滑筋などの腫瘍(インスリンのような物質が過剰に分泌されるケース)
・敗血症(体で糖分が作れなくなったり、糖分の消費が増える結果)
・バベシアという寄生虫の重度感染(糖分作れなくなったり、糖分消費が増える結果)

などがあります。

インスリノーマについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
犬のインスリノーマの症状を獣医師が解説

続いて愛犬が低血糖を起こした場合の対処法について解説します。
犬の低血糖|適切な処置法を獣医師が解説

関連記事

ページ上部へ戻る