角膜潰瘍の目薬を愛犬に垂らしたら目が白く濁ってきた…

犬 角膜潰瘍 目薬

「角膜潰瘍の治療中、
愛犬の目が白く濁ってきたんです」
と当院に転院してきた方がいます。

もちろん私は獣医師です。
詳しくはこちらをご覧ください。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

詳しく飼い主さんに状況を聞くと
パピテインという角膜潰瘍の治療用目薬を
愛犬に垂らしていたら
少しずつ目が白く濁ってきたとのこと。
【動物用医薬品】 パピテイン 5ml 犬猫用角膜障害治療剤 メール便送料無料

心配ですよね。

もし原因もわからず自分の目が白く濁ってきたら
不安で夜も眠れないと思います。

この記事ではなぜ目が白く濁ることがあるのか
それからどう対処すればよいのか
解説したいと思います。

【期間限定】アルコール消毒が安く買える!

インフルエンザ・風邪対策用として
濃度75%のアルコール成分の働きによって、
様々な細菌やウイルスからあなたの手指をしっかり守ります。

詳細はこちら⇒オパシーアンチバクテリアルハンドジェル

なぜ角膜潰瘍の目薬を愛犬に垂らした後、目が白く濁ってきたのか?

犬 角膜潰瘍 目薬

動物病院で角膜潰瘍だと診断されたら
パピテインなどの目薬を処方されることでしょう。

たいてい、目薬を垂らして1週間もあれば
角膜潰瘍は改善します。

でも、まれに目薬を垂らして数日すると
目が白濁することがあるんです。

家族や友人から「目が白くなってるよ。
大丈夫?」と言われることもあるでしょう。

「このまま目の白濁が改善しなかったら
どうしよう」と心配かもしれません。

なぜ角膜潰瘍の治療中に目が白濁するのでしょう?

結論からすると、
目の白濁はパピテインなどの目薬の副作用である
可能性は極めて低い
です。

目薬のせいではないってことです。
ではなぜ目が白濁するのでしょう?

角膜潰瘍とは目の表面に傷ができている状態のことです。
で、目の傷は自分の体が治そうとします。

このときに、いろんな細胞が傷周辺に集まってきます。
その結果、目が白く濁ることがあるんです。

もちろん角膜潰瘍が治る過程で
100%確実に目の表面が白濁するわけではありません。

だから角膜潰瘍ができて、時間がたって目が白濁すると
不安になるわけですね。

かかりつけの獣医さんの指示に従ってください。
処方された目薬を愛犬に垂らしてあげることで
自然に白濁が改善することが多いです。

でも心配な場合は
すぐにでもかかりつけの獣医さんに相談してください。
別の原因で目が白濁しているかもしれませんからね。

犬用ノミダニ駆除薬ブラベクトなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒ブラベクトチュワブル錠1400mg

犬に使える角膜潰瘍の目薬はパピテインだけじゃない

パピテイン

ここまで解説してきたように
角膜潰瘍の治療中、ワンちゃんの目が白く濁ることは
よくあることなんです。

パピテインのせいでワンちゃんの目が白濁する可能性は
普通ありません。

でも、パピテインを使った後に
ワンちゃんの目が白くなってきたら
「次からは別の目薬を使いたい」
と思うのは仕方ないことでしょう。

私だって、同じように感じると思います。

そんな場合におすすめなのが
レメンド角膜潰瘍治療用ジェルです。
レメンド角膜潰瘍治療用ジェル犬猫用(RemendCornealGel)

これも犬猫用角膜潰瘍の目薬です。
しかも防腐剤が使われていないので
目に優しいです。

詳しくはこちらの記事でも解説しています。
犬に使える角膜潰瘍の目薬は?

【期間限定】アルコール消毒が安く買える!

インフルエンザ・風邪対策用として
濃度75%のアルコール成分の働きによって、
様々な細菌やウイルスからあなたの手指をしっかり守ります。

詳細はこちら⇒オパシーアンチバクテリアルハンドジェル

関連記事

ページ上部へ戻る