犬に使うエコリシン眼軟膏のメリットと使い方

犬のエコリシン眼軟膏

先日、他院から転院してきた7歳のワンちゃんがやってきました。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ
転院してきた理由は「目の病気が治らないから」とのことです。

そのワンちゃんの目の表面を見ると思いっきり乾燥していました。
ドライアイと言われる状態でした。
犬のドライアイが治らない5つの原因
犬のドライアイ治療法
犬がドライアイになったらどんな症状がでる?
犬がドライアイになる原因

白目の部分は真っ赤になっていて、
常にショボショボ、パチパチとまばたきし、
すごく痛そうにしていたんです。

私は飼い主さんに「その動物病院で
どんな治療を受けたんですか?」と聞いてみました。

すると、目やにが目の表面からなくなるまで完全にコットンで
ゴリゴリとふき取ってからエコリシン眼軟膏をグリグリ塗るように
指導された
とのこと。

目の表面をコットンでゴリゴリ拭いたら
人間だってかゆみや痛みの症状が出るでしょう。

結果、その犬の目の状態もどんどん悪化し
不信感を感じてしまって当院を受診したんだそうです。

エコリシン眼軟膏は犬によく使用される目薬の一種です。
だから、これから解説する使い方であれば
獣医師の指示でエコリシン眼軟膏を使用している限り
問題ないはずです(ただし自己責任でお願いします)。

あと、エコリシン眼軟膏はネット通販では手に入れることができません。
ただ、似たような眼軟膏ならネット通販で手に入れることができます。
トロイ社イリウム・クロロイント眼軟膏(Troy Ilium Chloroint Eye Ointment)

ネクスガードのジェネリックなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒ベクトラ3D犬用(1.5-4kg)

エコリシン眼軟膏を犬に使用するメリットとは?

犬のエコリシン眼軟膏

エコリシン眼軟膏は眼軟膏の一種です。
上記画像をご覧ください。
私が実際に、エコリシン眼軟膏の中身をコットンにチューと
出してみました。

こんな感じで一般的な液体の目薬と違いますね。
ドロドロしていて少し白っぽい感じです。

エコリシン眼軟膏に限ったことではありませんが

眼軟膏のメリットは

・液体の目薬よりも少ない回数でOK
・目の乾燥を防ぐことができる

などがあります。

エコリシン眼軟膏の使い方

液体の目薬だと、点眼したらすぐにお薬が
外に出て行ってしまいます。

でも眼軟膏だと目の表面にしばらくの間、残ってくれます。
その間、眼軟膏としての作用が残るわけです。

だから、液体の目薬だったら1日3回とか4回点眼が必要でも
エコリシン眼軟膏だったら1日1回とか2回の点眼ですみます。

また、眼軟膏が目に残っている間、
目の表面は潤っているわけです。

だから、まばたきができないなどで
目の表面が乾燥している犬に
眼軟膏を使用することもあります。

ただ、眼軟膏にもデメリットはあります。
眼軟膏のデメリットとしては目の表面にしばらくの間、
お薬が残るわけです。

犬は違和感を感じ
目をこすりつけてしまうことがあります。
かえって症状が悪化することもあるわけですね。

エコリシン眼軟膏の使い方

エコリシン眼軟膏の使い方

上記画像のように直接犬の目にチューと
エコリシン眼軟膏をつける方法もあります。

ですが、犬の目にチューブがあたると
ばい菌が、眼軟膏の中に入ってしまうこともあります。
また、犬の目を眼軟膏が突き刺してしまう危険性もあります。

犬のエコリシン眼軟膏

なので、おすすめの使い方としてはまず、
上記画像のようにコットンにエコリシン眼軟膏を少しつけます。

エコリシン眼軟膏犬

そして犬のまぶたのあたりに眼軟膏のついたコットンを当てます。
まぶたにエコリシン眼軟膏がつけば
犬がまばたきをしたタイミングで、
目の表面にお薬が入っていきます。

これでOKです。

最後に、最終的には
エコリシン眼軟膏を処方してくれた主治医の先生に聞いて
使用方法を決めるようにお願いします。

エコリシン眼軟膏はネット通販で購入できませんが
こちらの眼軟膏なら購入が可能です。
トロイ社イリウム・クロロイント眼軟膏(Troy Ilium Chloroint Eye Ointment)

レボリューションのジェネリックなら通販サイトで安く購入できます

詳細はこちら⇒EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び犬用)

関連記事

ページ上部へ戻る