猫に顎ニキビができる5つの原因とは?

猫 顎ニキビ 原因

猫ちゃんの顎にニキビができることがあります。
顎ニキビといいます。

猫ちゃんの顎周辺に黒っぽいブツブツができたり
赤っぽいブツブツができる症状を顎ニキビと言うんですね。

もし猫ちゃんの顎に黒色や赤色のブツブツがあるようなら
顎ニキビの可能性が高いです。

猫ちゃんにできた顎ニキビって放置しない方がよいです。
放置すると、猫ちゃんが気にしすぎて爪で引っ掻いてしまい
出血してしまうことがあります。

ひどくなると
膿んできて臭いを発し始めることもあります。

では猫ちゃんの顎ニキビの原因って何でしょう?

スポンサードリンク

猫の顎ニキビの原因を5つご紹介

原因1.アレルギー

アレルギー

アレルギーといっても
花粉症とかハウスダストが原因ではありません。

使っている食事の容器に猫ちゃんがアレルギーを
起こしている可能性があります。
これを接触アレルギーといいます。

もし接触アレルギーなら食事の容器を変えるだけで
猫ちゃんの顎ニキビが改善していく可能性が高いです。

たとえばプラスティック容器を使っていたなら
陶器とかステンレスの容器みたいな感じで
違う材質の容器に変えるようにしましょう。

同じ材質のままだとアレルギーは改善しませんから。

原因2.ストレス

ストレス猫

猫ちゃんにとって寒すぎるとか暑すぎる部屋で暮らしていると
ストレスを感じてしまいます。

ストレスを感じると腎臓の隣にある副腎からストレスホルモンが分泌されます。
ストレスホルモンは免疫力を落とすんです。
免疫力が落ちると、猫ちゃんの顎についたばい菌を
自力でやっつけることができません。

その結果、猫ちゃんに顎ニキビができてしまうわけですね。

ストレスの原因は

・暑さ
・寒さ
・騒音
・暇
・病気による苦痛

などいろいろあります。

原因3.毛づくろいの頻度が少なすぎる

毛づくろい

特に高齢になったり、病気をしていると
猫ちゃんって毛づくろいをする頻度が減ります。
体力が落ち、活発な動きができなくなるからです。

だから、顎あたりもきれいになりません。
その結果、食事のときについたばい菌が繁殖してしまい
顎ニキビができてしまうわけですね。

原因4.皮脂の過剰分泌

ばい菌の繁殖

脂っこいお肌をしている猫ちゃんだと
ばい菌が繁殖しやすいです。

ばい菌は脂が大好きですから。

「じゃ、どうして脂っこいお肌になることがあるの?」
と気になるかもしれません。

たとえば毛穴が詰まっていると脂っこいお肌になることがあります。
この辺は、人間と同じです。

原因.5不衛生な生活環境

猫の容器

猫ちゃんの食後の容器を洗わず、
使いまわすのは不衛生です。

ばい菌が繁殖しやすくなります。
そして猫ちゃんが食事をするときに
顎にばい菌がついてしまい顎ニキビができてしまうことがあります。

以上が猫ちゃんに顎ニキビができる5つの原因です。

こちらも参考に!⇒猫にイカを与えたらダメな理由

スポンサードリンク

猫に顎ニキビができる5つの原因とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

子猫の猫風邪の治し方
猫風邪が人にうつるって本当!?
猫用インターフェロンの効果は?
猫の風邪におすすめの市販薬は?
子猫の猫風邪の治し方

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る