子猫の猫風邪の治し方

猫風邪 治し方 子猫

子猫が目ヤニで目はガビガビ、鼻も鼻水でグチョグチョ、
それは猫風邪かもしれません。
猫風邪は、ウィルス感染が原因です。
たかが風邪、なんて思っていると危険です。抵抗力の弱い子猫にとっては
命取りになることもあります。

猫風邪は、ウイルス感染なので人間なら
インフルエンザや、ノロウィルス感染と同じです。
インフルエンザやノロウィルスは、外出禁止いなるくらい
とても辛くて、苦しく、感染力も強いウィルスです。
そのくらいの苦痛が子猫ちゃんに襲っていることになります。
一刻も早く治してあげたいですよね。
では、猫風邪の治し方をご紹介します。

猫風邪の治し方について

猫風邪の原因ウイルス

猫風邪の症状の原因となるウィルスは

・猫カリシウィルス
・猫クラミジア
・ヘルペスウィルス

などです。

治し方は、ウィルスによって異なります。
猫カリシウィルスには、インターフェロン注射
ヘルペスウィルスには、抗ウィルス薬、クラミジアには、抗生物質を使います。

猫カリシウィルス

インターフェロン
猫カリシウィルスに直接効く薬はありません。
そのため、免疫力を高めるインターフェロンを投与します。
商品名はインターキャットです。
インターフェロンについてはこちらの記事を参考にしてください。
猫用インターフェロンの効果は?

後は、充分な栄養補給と温度管理に気をつけて子猫の
体力回復に努めましょう。

ヘルペスウィルス

抗ウイルス薬
ヘルペスウィルスには、ヘルペスの増殖を抑える抗ヘルペス薬を
投与します。

クラミジア

抗生物質
猫クラミジアの治療には、抗生物質を投与します。
クラミジアは、体内に残っていると、日和見感染したり、
他の猫に感染させてしまうこともあります。
そのため、クラミジアを体内から完全に出すために、
抗生物質を2~3週間継続して投与することが大切です。

子猫の猫風邪の治し方は、ウィルスによって違いますが、
ウィルスに感染すると結膜炎や鼻水、くしゃみの症状が出ます。
そのため、薬の投与といっしょにそれぞれの症状に合わせて
点眼薬や点鼻薬が使われます。
また、症状が重く衰弱している時は、点滴などで栄養補給を行います。

子猫は、抵抗力が弱いため猫風邪でも重症化してしまうことがあります。
目ヤニ、鼻水などの症状がある時は、早めに動物病院で治療を受けましょう。

ワクチン接種

また、猫風邪の治し方とは、少し異なりますが
ワクチン接種もかなり有効です。
猫の7種ワクチンには、猫カリシウィルス、ヘルペスウィルス、猫クラミジアが含まれています。
ワクチン接種をしていれば感染しても症状が軽く済みます。
ワクチンは、生後2か月頃から接種出来るので、かかりつけの
動物病院に相談してみてください。

こちらも参考に!⇒猫エイズの原因は?

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る