猫にイカを与えたらダメな理由

猫 イカ ダメな理由

「猫ちゃんにイカを与えてはイカん」と
ダジャレを言う方がいます。

シラケムードになってしまうことが多いです。

とにかく猫にイカを与えるのはタブーだと考えている方が多いです。

ではなぜ猫ちゃんにイカを与えてはいけないのでしょう?
理由について解説していきます。

スポンサードリンク


猫にイカを食べさせたらダメな理由とは?

猫にイカ

猫ちゃんがイカを食べたら腰を抜かしてしまうと昔の人が言っていたからです。
「何の根拠もないのかよ!?」と思ったかもしれません。

昔の方は経験から導き出したのでしょう。
根拠はあります。

猫ちゃんが食べたらダメな理由は
イカにはチアミナーゼという酵素が入っているからです。
チアミナーゼにはビタミンB1を壊す作用があります。

ビタミンB1は神経の働きを正常にする働きがあるんです。
なのでビタミンB1が不足すると神経の状態が悪くなったりします。
人間だとビタミンB1が不足することで脚気になります。

脚気とは座っている状態で片足を上げて
上げている足の膝をコンと叩くと、正常なら
足がビクンと勝手に動くのに、動かない状態のことを言います。

猫ちゃんもビタミンB1が不足することで歩くことが
難しい状態になることもあるんです。

とにかく、イカに入っているチアミナーゼによって
ビタミンB1が壊されるわけです。

なので猫ちゃんがイカを食べるとチアミナーゼの影響で
ビタミンB1不足になり、歩行困難になることがあるんですね。

イカを加熱すれば大丈夫

ただイカに熱を加えればチアミナーゼは壊れます。
なので、煮たり焼いたりしたイカなら
猫ちゃんに食べさせても大丈夫です。

しかもイカには猫ちゃんにとって必要なタウリンという
栄養素が入っているのでチアミナーゼさえなければおすすめの食事になります。
タウリンが不足すると猫ちゃんは心臓病になることもありますからね。

最後にまとめますと生のイカには
チアミナーゼというビタミンB1分解酵素が入っているので
猫ちゃんに食べさせてはいけません。

でもイカを煮たり焼いたりすればチアミナーゼが消えるので
猫ちゃんに食べさせることができます。

こちらも参考に!⇒猫にできた顎ニキビの治し方

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る