犬6種ワクチンの料金の相場はいくら?

犬 ワクチン 料金 6種

この記事では犬の6種ワクチンの料金の相場はいくらか?解説します。

まず愛犬に接種するワクチンには

・混合ワクチン
・狂犬病予防接種

の2種類があります。

狂犬病予防接種は日本には存在していない狂犬病という
人間に感染すると100%死亡する恐ろしい病気を予防するものです。

日本には存在していませんがもし日本におきたら
人間がバタバタ死んでいく危険性があるので法律で
狂犬病予防接種を義務付けているわけです。

これに対して混合ワクチンは法律的な接種義務はありません。
ですが、実際に日本で猛威を振るっている恐ろしい犬の病気を
ワクチンという形で予防します。

混合ワクチンは『混合』というくらいですからいろんな病原体が混ざっています。

2種類の病気を予防する2種ワクチンとか
6種類の病気を予防する6種ワクチンなどいろんな種類があります。

6種ワクチン

この記事では6種ワクチンの料金について解説するので
6種ワクチンに含まれている病原体を掲載しますね。

6種ワクチンでは

・ジステンパーウイルス
・アデノウイルス2型
・パラインフルエンザウイルス
・犬パルボウイルス
・犬コロナウイルス
・犬伝染性肝炎

の6つの病気を予防することができます。

そして6種ワクチンはどこの動物病院でも料金は同じか?というとそんなことはありません。

動物病院によってまったく値段が違います。
もしかしたら一番安い動物病院と高い動物病院では2倍くらい差があるかもしれません。

ワクチン料金

といってもワクチンの成分はまったく同じですし
ワクチンの仕入れ先の卸業者もまったく同じです。

ただ動物病院の院長先生のやり方で料金が違います。

たとえば兵庫県にあるこちらの動物病院では6種ワクチンの料金は激安です。
実際の6種ワクチンの料金はこちらからご覧ください。
犬6種ワクチン料金が安い兵庫県の動物病院

逆に6種ワクチンの料金が高いところでは1万円くらいするところもあります。

ただ相場としては1種類の病原体に対して1000円くらいです。
したがって6種ワクチンの料金の相場としては6,000円~7,000円くらいです。

こちらも参考に!⇒子犬にワクチンを打つべき時期は?

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る