犬がドライアイになったらどんな症状がでる?

犬 ドライアイ 症状

犬もドライアイになります。
上記画像のように犬がドライアイになると白目が真っ赤になり
目全体が乾燥します。

犬がドライアイを起こす原因をご存知でしょうか?
私が診療している動物病院でよくある原因について解説しました。
犬がドライアイになる原因

もちろん私は獣医師です。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

日々、「愛犬の目が真っ赤で心配です」とか
「愛犬の目が乾燥しているんですけど」といった診察をしています。

この記事では愛犬がドライアイになったら
どんな症状が出るのか、解説します。

スポンサードリンク


犬のドライアイの症状

犬がドライアイになると症状として

症状1.目が乾燥する
症状2.黒目に血管が走る
症状3.強い痛み

があります。

以下、詳しく症状をみていきましょう。

犬のドライアイの症状1.目が乾燥する

犬 ドライアイの症状

ドライアイというくらいですから当たり前の症状ですね。
逆に目が乾燥してないならドライアイとはいいません。

どうして目が乾燥するのか、原因についてはこちらの記事をご覧ください。
犬がドライアイになる原因

犬のドライアイの症状2.黒目に血管が走る

犬 ドライアイ 症状

ドライアイは目が乾燥する病気です。
どういて目が乾燥するか、というと涙の量が減るからです。

涙の量が減る原因としては
・単純に分泌される涙が減っている
・涙は作られているけど、目の表面に留まることができない

と2つあります。

ともあれ、涙って単純に目を潤すためだけに存在しているわけではありません。

涙は目に栄養を与える役割もあるんです。
逆にドライアイになると目の表面に涙がほとんど存在しなくなるわけです。

だから目に栄養がいきません。
するとなんとかして目に栄養を与えようと黒目に血管を発達させます。
血管は血液を通す管です。

血液の役割の一つに栄養を与えるということがあります。
だから、ドライアイになり涙の量が減ったら
黒目に血管を発達させるわけです。

その結果、黒目に普段は見えない血管が浮き出てきます。
他にも目の表面が白く濁ることもあります。
ひどくなると黒目に穴が開いて失明することもあるんです。

非常に怖いことですね。
だからきちんと治療をしていきましょう。
犬のドライアイで使う目薬|開業獣医師が解説

犬のドライアイの症状3.強い痛み

目の赤身

ドライアイになり目の乾燥が続くと、
しだいに痛みが出てきます。

目に痛みが出るとワンちゃんは目をシュパシュパと何度も何度も瞬きをします。

それから、まともに目を開けてられないので
目の開きが小さくなります。

痛みでイライラしているからでしょう。
ワンちゃんの頭を撫でようとしたら「ガブ」と手を噛まれることもあります。

以上がよくあるドライアイの症状です。

続いてドライアイの治療でよく使われる目薬について解説します。

こちらも参考に! !⇒犬のドライアイで使う目薬|開業獣医師が解説

スポンサードリンク


犬がドライアイになったらどんな症状がでる?関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る