犬の疥癬にレボリューションはどう?

犬のフィラリア予防薬

愛犬がボリボリ血が出るくらい体をかきむしっているなら
もしかしたら疥癬に感染したかもしれません。

犬の「疥癬」は、ヒゼンダニが寄生することによって起こる皮膚病です。
疥癬は『かいせん』と読みます。

ヒゼンダニは、耳ヒゼンダニ・ショウセンコウヒゼンダニなど沢山の種類があります。
顕微鏡でやっと見つけることができるくらいの小さいクモに似たダニです。

こちらの動画は顕微鏡で見た疥癬です。

犬の皮膚の角質に入り込み卵を産み落とし、成虫となって寄生します。
疥癬に感染すると愛犬は痒さでかきむしったり皮が剥けてしまうこともあります。

犬が日にあたり体温が高くなるとヒゼンダニも活発に動き回りだします。
痒みはだんだんと強くなっていくんです。

疥癬症を治療しないでいると病状が全身に広がり、
痒みからくるストレスで食欲が落ち栄養状態も悪くなり重い症状になってしまいます。

レボリューション

疥癬の治療にはレボリューションの治療が効果的です。
レボリューションの成分はセラメクチンです。

レボリューションの使用方法は皮膚が見えるように
肩甲骨の間の被毛をかき分けてピペットを数回押して、薬液を全量皮膚に落とします。

体重1㎏あたり6~12mgを1ヶ月毎に2回滴下でほぼ完治します。
治療後も1ヶ月に一度レボリューションを使ってください。
最低でも2~3ヶ月は続けて使用しましょう。

ちなみにレボリューションは暑い時期に感染するフィラリアの予防薬でもあります。
そういった意味では疥癬の治療という意味合いというより
フィラリアの予防薬としてレボリューションを毎月使用することをおすすめします。

レボリューションはネット通販でも簡単に購入できますよ。

詳細はこちら
レボリューション(Revolution)15mg(2.5kg以下)
EU版レボリューション/ストロングホールド(小型犬用/5.1~10kg)

あとレボリューションなどのフィラリア予防なら
こちらの記事でご紹介している動物病院ならお安く手に入れることができます。

こちらも参考に!⇒フィラリアなどの予防薬を安く手に入れることができる動物病院

犬の疥癬にレボリューションはどう?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

兵庫県明石市タカハシ動物病院の口コミ・評判情報
コメダ珈琲加古川店の営業時間とメニューを画像で解説
兵庫県の動物病院一覧ページ

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る