犬が吐きそうな咳をしている原因を動画で確認

過呼吸

愛犬が「ゴーゴーゴー、ガハ、ウエ」みたいな感じで
咳をして吐きそうな仕草をしたことがありませんか?

こちらの動画をご覧ください。

上記の動画のような咳と吐きそうな仕草をしているなら
ケンネルコフの可能性
があります。

「ケンネルコフ?聞いたことあるけど、どんな病気なの?」
と疑問に感じたかもしれませんね。

ケンネルコフは子犬に多い病気です。
いうなれば人間の風邪と同じです。

風邪なので病気という表現はおかしいかもしれません。
でも、犬の場合には風邪とはいわずケンネルコフといいます。

ケンネルコフ

ちなみにケンネルコフのケンネルは犬小屋でコフは咳からきています。

ケンネルコフとは犬ジステンパー以外の病原体にかかることで起こる
咳をして吐きそうになる症状がでるものをいいます。

犬ジステンパー以外の』が重要です。

犬ジステンパーも咳の症状がでます。
でも犬ジステンパーにかかってしまったら命を落とす危険性が高いので
ケンネルコフの定義からはたいていの獣医さんは外して考えています。

犬ワクチン

ケンネルコフは動物病院で打ってもらうワクチンを
毎年受けることで防ぐことができます。

ケンネルコフは動物病院で治療を受ければたいてい治ります。
でも、あまりに症状がひどいと、肺炎を起こし死亡してしまうこともあります。

また人間の風邪と違ってケンネルコフは治るのに時間がかかることが多いです。
ひどい場合には1か月近くケンネルコフが治らないケースもあります。

ケンネルコフにかからないようにするにはワクチンが重要です。
どこの動物病院でもワクチンを受けることができます。

ただ、動物病院によってワクチンの値段はマチマチです。
高いところもあれば安いところもあります。

「安いワクチンって大丈夫なの?」と心配な方
こちらの動物病院の公式ホームページでワクチン料金が安い理由について
詳しく書かれているのでご覧ください。
犬猫のワクチン料金が安い理由とは?

最後にまとめますと愛犬が咳をして吐きそうになるのはケンネルコフの可能性が高いです。

ただ「うちの犬の咳はちょっとケンネルコフっぽくないな」
と思われたなら、こちらの記事をご覧ください。

別の原因について解説しました。

こちらも参考に!⇒犬がカッという咳をする原因は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 27日

ページ上部へ戻る