犬がカッという咳をする原因は?

犬 咳 カッ

人間である自分が「カッ」とか「ゴホン」と咳をしても
治まれば、不安な気持ちにならないでしょう。

でも愛犬が「カッ、カッ、カッ、ゲホ」と咳らしきことをしたら
「おいおい、どうしたんだ!」と不安になってしまいます。

しかも愛犬が「カッ」と咳をしたのが深夜なら
高額な診療費を支払ってでも夜間動物病院を受診してしまうかもしれません。

兵庫県で夜間対応している動物病院は
深夜夜間救急対応しているエルザ動物医療センター口コミ・評判情報
明石で夜間診療のできるクレア動物病院の口コミ情報

などがあります。

この記事では愛犬が「カッ、カッ」
と咳をする原因として何が考えられるか?解説します。

愛犬が「カッ」と咳をする原因とは?

犬がカッという咳をする原因は何なのでしょうか。

原因1.興奮

犬が興奮して咳

家に帰ってきたらあなたの元に愛犬が喜んでやってきませんか?
そんなときって愛犬は「ハーハー」ものすごい荒い呼吸をします。

すると喉が渇きます。
喉がカラカラに渇いたときって人間でもちょっとした刺激で
「カッ」と咳をすることがあります。

それと同じ現象が犬にも起こるわけです。

つまり愛犬が興奮しているときだけ「カッ」と咳をするけど
他のときには一切咳がないなら、興奮が原因です。

原因2.僧房弁閉鎖不全症

僧房弁閉鎖不全症は犬に良く起こる心臓病です。
動物病院で聴診器で聴診するだけで一発で診断できる本当によくある病気です。

僧房弁閉鎖不全症は心臓病です。
心臓病ですが、「カッ」と咳をします。

心臓は血液を全身に送りますが、心臓の隣に肺があります。
心臓の調子が悪いと、肺に負担がかかり咳をしやすくなるのです。

その結果、愛犬が「カッ」と咳をするわけです。
僧房弁閉鎖不全症の場合には「カッ」という咳以外に
すぐに疲れてお散歩を嫌がったり、舌が青くなったり、興奮して倒れるなどの症状がでます。

もし僧房弁閉鎖不全症の疑いがあるようなら
すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

僧房弁閉鎖不全症になると一生お薬を飲まないといけません。
結構お金がかかります。

なので病気になる前にペット保険に加入することをおすすめします。
こちらがすごく参考になりますよ。
学ぼう!後悔しないペット保険の選び方【電子書籍】[ All About編集部 ]

こちらも参考に!⇒兵庫県の動物病院一覧

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 22日
  2. 2016年 10月 26日
  3. 2016年 10月 26日
  4. 2017年 2月 26日
    トラックバック:ケンネルコフの潜伏期間は?

ページ上部へ戻る