愛犬の散歩は食後何時間あければ大丈夫なの?

歯肉炎

ワンちゃんは食べるのが大好きです。
食事は最高の時間です。

またワンちゃんは散歩も大好きです。

なので愛犬に食事を与えて、食後に散歩に連れて行ってあげることは
最高のご褒美と言えるでしょう。

ただ食後、散歩に連れて行くのには注意点があります。

注意点を知らないと愛犬が散歩途中に体調を崩してしまい
最悪、命を落としてしまうかもしれません。

というのは愛犬の食後、すぐに散歩に行くと
胃の中に残っている食料の影響で、胃がねじれてしまうことがあるんです。

胃捻転

これを胃捻転といいます。
胃捻転は大型犬に起こりやすい病気ですが
小型犬でもまれに胃捻転を起こすことがあります。

胃捻転を起こすと胃がねじれているので
吐きたくても吐けず、徐々にお腹が膨らんできて
グッタリしてきて、意識を失い死亡してしあうことがあるんです。

家族に「どうして食後に散歩に連れて行ったの?」
と怒鳴られ、悲しまれ、関係が悪化し、一緒に生活するのが
嫌になってしまうかもしれません。

逆に愛犬の食後、何時間くらいしたら
散歩に連れて行って良いか、知っておけば
健康な犬に育ち、家族みんなが和気あいあいと生活して行くことができます。

食後2時間で散歩

具体的には愛犬の食後1〜2時間くらいしたら
散歩に行けば大丈夫です。

逆に愛犬の食後すぐの散歩だと胃捻転を起こしやすくなります。

最後にまとめますと愛犬の食後1〜2時間くらいあけてから
散歩に連れて行くようにしましょう。

食後すぐの散歩は胃捻転を起こす危険性があり大変危険です。

こちらも参考に!⇒犬が生理に!どんな症状がでるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 8月 05日

ページ上部へ戻る