トラの檻に入れられたヤギの運命は・・・

トラ 檻 ヤギ

ロシア、シベリアにある極東サファリパーク内での実話です。

続きは動画をご覧ください。

YOUTUBEで見たい方はココをクリック!

動画をご覧になれなかった方は以下お読みください。

トラはライオンと並ぶネコ科の中でも最大の動物です。
アムールトラはその中でも最も体が大きく、成熟した雄の体長は3.5mを超え、
体重は380kg程になるものもいると言われています。

鹿やイノシシなどの他、鳥や両生類、魚など、何でも食べるが、
その力は強く牛などの大型の草食動物なども単独で倒すことができます。
トラに対抗し得るヒグマまでも倒してしまうこともあり、
アムールトラの運動能力は驚くほど優れています。
この驚くべき美しさとパワーをもつ猛獣は、招かれざる客を好まない動物なのです。

ロシアの極東サファリパーク内で飼われているアムールトラには、
食糧として、週に2度ほど生きた動物が与えられます。

ある日のこと餌として檻の内に1頭の黒ヤギが放置されました。
黒ヤギは当然逃げ回るものと思いきや、まったく動じなかったのです。
驚いたことには、黒ヤギは、
アムールトラに対して角で攻撃をしかけて檻中、追い掛け回したのです。

アムールトラも勇敢な黒ヤギの態度から、餌として認識出来なくなったのでしょうか。
仲良くじゃれ合い始めたのです。
2頭はすっかり親友になり、仲良く散歩したり、一緒に座ってくつろいだり、
同じベッドで眠ったりというから驚きです。

この奇跡の関係がいつまで続くのでしょうか。

こちらも参考に!⇒神戸市の動物病院口コミ情報

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る