犬のドライアイで使う目薬|開業獣医師が解説

犬 ドライアイの症状

痛々しいです。

愛犬がドライアイになると目が乾燥して
白目が真っ赤になり、緑色の目やにが出ます。
しかも、痛そうに目をシュパシュパと頻繁に瞬きします。

私は動物病院を経営している獣医師です。
上記画像のように頻繁にドライアイの犬の診察をしています。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

この記事ではもしドライアイだと獣医さんが診断した場合
どんな目薬を処方するのか、解説します。

犬のドライアイで使う目薬

ドライアイで使う目薬1.人工涙液

人工涙液

愛犬がドライアイになると目が乾燥します。
乾燥した目は傷つきやすくなるんです。

なので、乾燥を補うために防腐剤などの薬剤の入っていない人工涙液を
毎日定期的に垂らします。

ドライアイで使う目薬2.その犬の血清

涙はただの塩水ではありません。
タンパク質であったり、ビタミンAなどの栄養が含まれているんです。
ドライアイのになると、涙の量が減るわけですから
涙に含まれている栄養も不足します。

そこでドライアイになっている犬から血液を採取し
特殊な処理をして血清だけを取り出し、目薬を動物病院で作成することがあるんです。

血液にはタンパク質やビタミンなどの栄養が豊富に含まれているので
ドライアイの治療としてよく用いられます。

ドライアイで使う目薬3.オプティミューン眼軟膏

オプティミューン眼軟膏

オプティミューン眼軟膏は免疫を抑える目薬です。
目薬というと、液体のイメージがあるかもしれません。

ですがオプティミューン眼軟膏は目に塗る軟膏です。

眼軟膏

で、オプティミューン眼軟膏を上記画像のように愛犬の目に塗ります。
ドライアイの原因はいろいろあります。

原因の一つに目の異常な免疫反応があるんです。
そこで免疫を抑制できるオプティミューン眼軟膏を塗ることで
ドライアイの治療をすることができます。

しかもオプティミューン眼軟膏には涙腺刺激作用があります。
涙腺を刺激することで涙の量を増やすことができるんです。

単純な人工涙液よりもドライアイ改善につながります。
なので大抵の動物病院では犬のドライアイの治療として
オプティミューン眼軟膏を使います。

ただ、オプティミューン眼軟膏は高いです。
そのため、治療を続けられなくなる飼い主さんもいます。

そこで激安価格で購入できるネット通販を利用する方が
たくさんいます。

もしネット通販で安くオプティミューン眼軟膏を手に入れたい場合には
こちらをご覧ください。
オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g

ドライアイで使う目薬4.二次感染予防用の目薬

ステロイド点眼薬

ドライアイになるとばい菌が繁殖して結膜炎になったりします。
そこで、抗生物質の目薬であったり、痛み止めの目薬を処方することもあります。

続いて犬用ノミ・マダニのお薬を通販で購入する方法について解説します。

こちらも参考に! !⇒ネクスガードを通販で購入しても大丈夫?

犬のドライアイで使う目薬は・・・関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 5月 18日
    トラックバック:犬がドライアイになる原因

ページ上部へ戻る