マイフリーガード犬用の使用方法

マイフリーガード犬用使用方法

犬用マイフリーガードはワンちゃんの体から
ノミやマダニの予防や駆除ができるお薬です。

マイフリーガードの使用方法はものすごく簡単です。
後で、詳しくご説明しますがワンちゃんのある部分に垂らすだけです。

ある部分って背中じゃありません。
背中という表現では間違った場所に
マイフリーガードを垂らしてしまうかもしれません。

そうなるとワンちゃんは背中についたマイフリーガードに違和感を感じてしまって、
手足を使ってお薬を取ってしまうかもしれません。

「ていうか、あなた誰?」
と思った方もいるかもしれません。

私は実際に動物病院を経営している獣医師です。
毎日犬や猫の診察をしています。

証拠にもなるので私のプロフィールをご覧ください。
プロフィールと当ブログを作ることになったきっかけ

話は戻って適切な場所にマイフリーガードを垂らして2日たつと、
全身のどこにノミやダニがついてもしっかりと愛犬を守ってくれます。

たまに素人さんのブログを見ていると
犬用マイフリーガードは「ノミやマダニの予防薬です!エッヘン」と
自慢げに書いているのを見かけます。

犬用マイフリーガード説明書

ですが、上記画像の上のあたりを見ていただくとわかるように
犬用マイフリーガードはノミ・マダニの駆除剤です。
しっかりとノミやマダニをやっつけてくれるのでご安心ください。

「予防と駆除って違うの?」と思われたかもしれません。
たとえばインフルエンザの『予防』接種って
注射を打ってもらったら100%インフルエンザにかかりませんか?

違いますよね。

予防接種を受けた方が
インフルエンザになりにくいだけです。

予防接種を受けてもインフルエンザになる人はいます。
これに対して駆除だとほぼ100%ノミやマダニをやっつけてくれます。

なので細かい表現ですが、予防と駆除はまったく違いますので
他のブログやホームページを見るときは
そういった表現にもじゅうぶん気をつけてくださいね。

間違った情報を信じてしまうと愛犬が薬の副作用などで突然死することもありますから。

スポンサードリンク

マイフリーガード犬用使用方法

マイフリーガード

犬用マイフリーガードの使用方法は
他の記事でも解説しているフィプロスポットプラスという
この記事を書いている時点で最新のノミマダニの駆除剤と
まったく同じです。

私が撮影した画像の関係もありますので
以下の画像はフィプロスポットプラスを実際に犬に使用したものになります。

ですが、犬用マイフリーガードの使用方法とまったく同じになりますのでご理解のほどよろしくお願いします。

まず、こちらが犬用フィプロスポットです。
これを犬用マイフリーガードに置き換えてみてくださいね。
すみません。

フィプロスポットの外箱

次にマイフリーガードの箱を開けてください。
くどいようですがここではフィプロスポットの箱を開けています。
でもまったくやっていることは同じです。

フィプロスポットの外箱

それから次にマイフリーガードの中身を出してください。

マイフリーガード

フィプロスポットならこんな感じです。

フィプロスポット

こんな感じです。

フィプロスポット

次にマイフリーガードではこちらの画像でいうところで
先っぽを「パキッ」と折ってください。

犬用マイフリーガード使用方法

そしてここからがポイントです。
マイフリーガード犬用を垂らすときには必ず愛犬の後頭部あたりにしてください。
ここだけが唯一、愛犬が手足でマイフリーガードの液体を取り除けない場所なんです。

マイフリーガード犬用を垂らしているところ

しっかりと愛犬の毛をかきわけてから垂らすようにしてくださいね。

犬の毛をかきわける獣医師

しっかりとお薬を垂らし終えました。

マイフリーガード

これで終了です。

あとは2日間だけシャンプーを控えていただければ
愛犬の全身にお薬が行き渡ります。

くどいようですが、フィプロスポットの使用方法とマイフリーガード犬用の垂らし方は
まったく同じです。

上記使用方法をマイフリーガードに置き換えていただければ
誰でも簡単に愛犬に垂らすことができます。

あと、マイフリーガード犬用はネット通販で購入することをおすすめします。
動物病院で購入する値段の半額以下で手に入るからです。

私が調べた中で一番安い値段で買えるのはこちらです。
マイフリーガード 犬用 S(2〜10kg) 6本入り [ノミ・マダニ駆除剤]

こちらも参考に!⇒犬についたノミを薬で駆除する方法

スポンサードリンク

マイフリーガード犬用の使用方法関連記事

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る